島崎清大の「来たる未来。」

島崎清大のブログ。の様なモノ。

時期に、時季になる。

 

身が引き締まるような寒さの中、

何故だか分からないけれど、

顔が赤らんでしまうぐらいの涙が出た。

 

きっと、凍えるあまり、

心がどうかしてしまったんだろう。

 

自転車を停めて、涙を拭いて、

アパートの階段を登る。

 

煙草とお香が混ざる匂いの中、

昼、食べ終えて残したままの食器、

飲みかけのマグカップ。

 

こんなに寒いのに、

モッズコートの中、汗ばむ身体、

臭う足と、臭うTシャツ。

 

こびりついた接客業の香り、

跳ねた油で火傷した右手、

獣が焼けた脂で、ベタつく髪の毛。

 

君は寝たかなと考える。

俺はまた今日も何故か寝れないだろう。

それに馴れない。何にも成れない。

何にもならない。こともない。

 

人を憎むことの浅はかさと、

憎まれてしまう未熟さを、

また、皿、洗いながら悩み、

待たされながら悔やむ。

 

君が寝れてたらいいな、

それでいいなと思う。

 

それだけでいいのになと思う。

 

ただ生きていこうと思う。

ただ、生きていこうと思う。

 

ただ、って言葉には、

たくさんが、含まれるからな。と記す。

 

朝になれば残した言葉の意味に

きっと、ハッと、させられる。

 

ブログ、素敵。おやすみなさい。