島崎清大「ただ、生活。」

その日暮らしGt.Vo.島崎清大の日記。的な。文学かぶれ。

たられば

 

WALK INN FES ! 2021に添えて。

 

未曾有の疫病が蔓延する街、

乗り越えるための策と手段、

知能、そして、思想。

長すぎた冬が終わろうとしていた。

 

一筋の光を皆、見て見ぬふりしながら、

空気の揺らぎに身を任せ、

憂鬱な日々を送る。

 

でも俺は。やっぱり皆と。

そんな言葉をアテに、毎晩、

発泡酒で溜飲を飲み込む。

 

でもやっぱり店で飲む生ビールが美味いよね。

でもさ、やっぱりさ。

家で1人溜息混じりより、

ガヤガヤ、と、もくもく。

みんなと飲む酒が美味いよな。

 

独り、暗闇。舌打ちと溜め息の連続。

そういや、人に会ってないな。

あいつ、元気かな。あぁ、あいつ辞めたんだ。

そうだよな。俺も自分のことばかりで、

あいつのこと思い出す余裕もなかったな。

まぁ仕方ねえか。そりゃ暗闇だと光が明るく見えるわな。絶景なんて言葉、よく歌えたもんだ。泣けなくなって、情けないな。

 

天邪鬼。俺。

みんなが群れて元気だと、元気なくすし、

みんなが孤独で落ち込んでると、元気だし。

 

できないから、馬鹿なりに、

やれることを模索する日々。

自分の才能の無さを痛感する日々。困惑。

人に当たることも許されない中、気付けば。

 

WALK INN FES!2021

僕らの街は、僕らで創る。

ソーシャルディスタンスを美しくデザインする。

フェスでミーティングをしよう。

 

その言葉たちをモットーに、

信念を念頭に。そして、希望に。

国分、下井海岸、キャンプ場。

 

鹿児島市内からは少し離れていて、

先輩のロックの歴史語りながら、

到着したその場所は、瞬間、

やたらと広く感じたものの、

ディスタンス保ちながら、

優しく温かい距離感を保持し、

ここまで青くなるもんかね、空と海。

小さな出店、走り回る子供、

よく見る顔や、あまり見ない顔、

「世代交代」「背負う意義」

「ラフ」「音楽よりキャンプな奴」

様々な意思が、国分の内海を彩り、

砂漠のような気候変化も人の温度を高め、

ゲストに負けじと地元バンドも、

ローカルの意地を叩きつける。と思いきや、

目を見て優しく説得に臨むような、

最高のライブ、そのバンドのバトンを渡していく。

 

「なるほどなあ。」と、

「まぁ仕方ないか。」

を繰り返し、10日、日中。

 

俺ら、

その日暮らし、しっかりと

勝手に受け取ったバトンを、

俺たちなりに昇華させてみて、

一旦大きくしながら、

次の奴に繋ぐ。繋がった瞬間、

他人の器で、自分のバトンの

本当の大きさと意味あいを知る。

 

このリレーマラソンは、

いつまでも終わらせないよ。と、

国分の沈む夕日に約束したところで、

先輩たちの堂々たる背中と、その握力に、

気付かされながら、煙草を深く吸い込み、流れた何かの塩っけと潮風で、メガハイボールをごくり流し込む。なんだか余計に涙が流れてくる。

 

恥の多い生涯を送ってきました。

なんて言葉もギャグになってしまう世の中と、

自分の愚かさを棚に上げながら、

人に愛を配ろうなんて、川魚が地上を四肢で歩く、ぐらい馬鹿な夢なんだけど、

僕が過ごした今年のフェス。

 

まるで、全てを許されてるような、

あたかも、心より愛されてるような、

たられば、そんな雰囲気、その実感。

 

僕、素直に。生きててよかった。

幸せだな。と思えた。

これが大それた話でも、勝ち誇ってるわけでもなく、ただ、僕が、偶々、その場に存在して、

勝手に感じ取ったわけで、

僕が傷つけてきた人たちや、

その場にあらゆる事情で来れなかった人たち

それらに何かが勝ることなんて一切もなく。

 

ただ、俺、なんとなく実感しただけ。

そこへのカウンターカルチャーな人々の気持ちや思想、痛いほど、わかるし。元々そっち側だし。

 

でも、俺はいつだって、

腑に落ちる部分を探していたし、

人に肯定されたかったから。

 

今までメンバー死ぬほど、辞めたけど、

付き合ってる彼女が6歳の時からバンドしてても、いつだって不安だし、こんなに僕を好きな優しいメンバーとバンドを続けても、矢鱈と不満募るし。でも、まぁそんなもんか。納得できた時点で、俺らなんて、きっと存在しないもんな。

 

あぁあいつに、この話したかったや、辞める前に。

 

とか思ったんで、ブログに纏めました。

 

正直、自分がどれほどの力になれたかはわからないけれど、僕らの街は、僕らの周りは、創られ始めてると思うので、僕は僕の、僕らは僕らの、居場所を大きくしていくよ。

 

虚しくなりながら、

苛立ちながら、

愛される不安に恐れながら。

喜びながら、愛を囁きながら、

皮肉混じりで大きな声を上げながら。

 

たったこの一瞬でも、

全ての人に僕の歌をしかと伝えようと

僕自身に思わせてくれたこと。

鹿児島を再度、愛せたこと。

カウンターカルチャーの皮肉を強く抱きしめたくなったこと。

海と人間の素晴らしさを知ったこと。

 

WALK INN FES!スタッフ、mojo芸術展、

SAKKAKU、先輩、知らん後輩、尊敬してくれる奴、ですです隊の皆様、お客さま、メンバー、安田映像研究所に、関わってくださった方々に、心よりの愛と、リスペクトを。

 

バンドマン、やっぱりかっこいいよ。

憎しみと悔しさ火種に、

より愛燃やしていこう。自分たちで。

それは革命となる日が来るよ。

 

幼子

3号線のはずれ、音に乗る自転車は映画。

大きく息を吸った。繊維越しでは足りない。

きっと、確かに、優しく確かな暖かい匂い。

暗くないと明るくなれないし、

寒くないと暖かくできないから。

 


マーベラスな彼はキャプテン。

ニュートラルな夜はエブリデイ。

ヒューマニズム。人間賛歌。

ラブソング。人間賛歌。

 


パズル埋めるために書いてる。

素面のまま、描いてる。

昨夜の3時

午前3時、最近を連ねる。

 


一つの不安が、

全ての感情に伝染していき、

ひたすらにネガティブな結論だけを生みつづけ、全てのパフォーマンスを虐げる。悪循環。気を遣ったら気を遣われて思考がどんどん退行していって、脳みその後ろ側の血管がはち切れんばかりにズイズイ膨らむイメージで軋むような痛みを残して、はい、さようなら。

自分は、おそらく人よりも、考えすぎで気に強いな性格であるが、

正直、何の違和感もなければ、それらは生まれない。安定してる日や時間帯もある。しかし、確証がない上、目に見えない有象無象たちを言葉にして相手に尋ねることは、野暮であるし、とても恐ろしいことのように思うので、聞けない、言えない。

元来、自分は別に明るい性格ではない。幼少期から人の顔色を窺って生きてきて、嫌われないように嫌われないように、それなりに気を遣って生きてきた。まずおしゃべりでもなかったし、耳も悪いわ、小学生の低学年までは吃音だし滑舌も最悪だったし、最低な感じだった。明るい性格になれたのも、人とうまく話せるようになったのも、ひとのおかげであるし、感謝は勿論してるのだけど、こんなに横柄な態度を取っているのも、正直、虚勢が産んだ弊害で、もう自分がどこに向かい、どんな人で在りたい、とか、何をしてる時が一番、楽しいか。とか、幸せだとか、将来的な夢とか、ほとんど無い。何となく楽しかったらいいよね。とかも無い。楽しんでいたいのかどうかもわからない。何しても何かにイライラしてるし何かに不安。満たされることがないの?とか聞かれたことがある。人生の、その上の生活に於いて、満たされるってなに?28年間、生きてこれた。生かせて頂いた。沢山の事象と人々に心より感謝してる。してるからこそ、辛い。

正直、この病気?というか性格?って、死ぬまで治らないのかな。確信的な言葉や優しさが欲しいのかな。でも、それって何なのかな?僕が分かっていない以上、誰にも与えることはできないよね。何で君はそんなに僕を愚弄するようなことばかりするの?未来を信じることは悪いことなのか?愚かなのか。若い奴からしたらおじさんなのか?ノリで生きれるほど若くねえよ。

理想の悲壮。

僕は幸せになりたい。

 


幸せの仕合わせを理解してないあまり、

幸せの具合もあまり知らないし、

それに馴れることも、

暫くないのだろうけれど。

理想の、成りたいものになりたすぎて、

成れない理想とのギャップに

打ちひしがれるばかり。

比較が故なのか、

セッカチ故の

現状のタイム感の遅さなのか。


全てを手段と捉えることができれば

少しは心が軽くなったりするのだろうか。


元ヤンの友達は言った。

根明の根元はなんだ。と尋ねた際に、

まだ悲しいことが起こってないのに、

いま悲しがる必要性などないのだ。と。

悲しいことが起きてから悲しめ。と。


目に見えた窓ガラスを割り続けて、

その中で割れない窓ガラスを見つけて

これは割れないことに

本当の窓ガラスだと安堵することは

意味がないよ。

信頼してる人の言葉が身体に馴染んだ。


腕枕の暖かみだけが本当のはずだ。

白飯の柔らかさも本当のはずだ。

僕が歩いてきた足の感触は、

きっと、現実の連続だったはずだ。


その温度を忘れたわけではない。

怒りを以て灯りにすることの意味は。

優しさを卑しさにしてしまう意味は。


僕は幸せの意味を手に入れるべく、

全ての手段を持って、生きていく。

淡い、期待、未来。

最近の最近、

不透明だな。窮屈だな。

と思うことが、凄く増えたのだけれど、

正直、今までも変わらず不透明で窮屈だったはずなのだけれど。

 

多分、それは、昔よりも今の方が、鮮明に物事が見え出したり、必要か否かの基準がクリアになってきたからかもしれないな。

 

何を根底に生きればいいだろうか。

多幸感に包まれていると、

多幸感により、目を逸らしてしまう物事に、

のしかかられたりする。

まぁ、きっと、いつまでも、

こんな感じなんだろうけれど。

 

いつもよりも、

優しくいたいなと思う。

その尺度も、実現能力も、

昔よりは深くなっている気がする。

現実、周りに優しい人が増えたし。

 

時期尚早。そのうち、またホットな瞬間がやってくるはずだから、そこを見逃さない事だけが、今必要とされている。

 

 

実直

【実直】

 


正直、薄々、分かっている。

俺は何者でもなくて、

何者にもなれないということを。

蛙の子は蛙、その蛙、大海を知らず。

何処へも帰れず、気付いたら、沼の中。

 


傷つけてきた人の顔ばかり、思い出す。

借りた金の額、指折り、とっくに指は足りない。

後ろ指刺された日ばかり思い出されて、

夕暮れより、早く沈みゆく、心。

 


ロックスターの次は文豪で、文豪の先は何だ。

綺麗なお嫁さんの次は、毎日大変な専業主婦。

エモいとか青いとか、ロックとかパンクとか、

馬鹿みたいな日本語ばかりに侵食されちゃって、

どん詰まり、生き詰まり、行き止まり。

 


何が俺をイラつかせるのが分からない、

それ以前に今が現実なのかも分からない。

誰かからのディスなんて昨夜の布団で完結した。

まぁ、いいか。愛してるって嘯いて、手を握るよ。

 


死にたい自分と死にたい君を信じて。

全てが作用して、それらは熱を帯びて、

光が照らして、繋がって、僕等になるよ。

 


何も違わない。何も疑うな。

ファズに乗せて、歌おう。そうしよう。

喜んでいる。

僕等は、腐っても、バンドマンだから、

当たり前にライブハウスで、ライブをする。

 


そんな当たり前の現状は、

やはり当たり前ではなくて。

 


初心に還ろうにも、

経験が伴う以上、

初心でも無くなってくる。

 


置いてきた荷物を拾いに行く必要もない。

持ちきれない荷物も、置いていく。

置いてきたことは忘れないにしても。だよ。

それは悪いことでもない気がする。

 


ポジティブとかネガテイブという概念でもない。

イメージしたことは良かれ悪かれ、知らぬうちに、

現実になっていく。致し方がないまで致そう。

でも、それは痛そう。皮膚感覚をも連れて行きたい。

 


感謝をしている。そのお陰で生きれている。

それは詰まる所、俺の話でしかない。

そこで立ち止まり、考えた。また考えた。

 


それを、どんな形であれ、

君に返そうと思うこと、

実現に向けて無理をすること。

 


それを、愛と呼ばず、なんと呼ぶのでしょう。

 


また、未来を、想像した。

否定も肯定も此処にはない。

ただのムーヴメント。お疲れっした。

 


今日の現実は、感謝でした。


人性補欠はカッコいい。

俺らもかっこいい。

大好きな人たちは優しい。

あの子も相当、かわいい。


単純なこと以外は、

一先ず今日はなにも要らない。