読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島崎清大の「来たる未来。」

島崎清大のブログ。の様なモノ。

『孤独は景色で、一瞬。』

おはよう。調子はどうだい?

➖ 

21日は福岡四次元で

お世話になってる仁禮健太さんを

四次元から見送る会。

そして、昨夜、23日は鹿児島SR HALLで、

沢山の人達の協力を借りた、のではなく、

頂きまくってのレコ発ライブ。

 ➖

昨夜まで、ここ暫くの間、

心の何処か、ずっと気を張り詰めていた。

21日の福岡の打ち上げ抜けて、

会いたい人に会って酒を酌み交わした後の、

福岡の早朝での、帰りのバス内でも

薄っすら考えてたりしてたのだけれど。

昨日、ライブ終わって、

乾杯打ち上げ終わって、予想に反し、

みんなドンドン帰って行ってしまい、

打ち上がるつもりだった僕は、

やけに寂しくなり、一人で帰るのも不安になり、

SRに戻り、寿山さんとタツマと

珈琲飲みながら、夜を振り返ってた。

話聞いたり、聞いてくれたり。確認したり。

そして、金、日と、2つの夜に、

僕らが演奏してた時間の、あの瞬間の、

見てくれてた人達の表情や、

(恥ずかしいのでチラチラしか見れてない)

その人たちがくれた言葉を思い返していた。

諸々な理由で

ここ最近の僕の日々は、やけに冷静で、そんなに熱くなったり、悲しくなったり、泣いたり、怒ったり、テンションぶち上がったりが減っていた。

なのに、それらと反比例して、好きな彼女を泣かせたり、優しいメンバーを困らせたり、周囲の人に気を遣わせたり、二者択一ができなくなったり。そんな日々だった。

ほぼほぼ締め作業が終わったSR HALLに

話終わった後も、腰掛けさせてもらい、

ゆっくりと独りタバコを吸っていた。

 ➖

「あ。なるほどな。」と思った。

昨日のMCは、「ありがとう」と「感謝」という言葉を、本当に、多々、使っていたと思う。その言葉にはそれ以上も以下もないから。

本当にその言葉通りしか意味も理由も、

それしかないから。

 ➖

ついこの間までの僕と言えば、

元々、感情がガバガバで、

ガバオ君とアダ名がついてしまうぐらいの、

+100 〜 -100までの感情の起伏と、

付き合いながら、生活して、

それに人に付き合ってもらってたような

感覚だった。

 ➖

でも、最近の日々の中で心の動きは、

マイナスもすぎることもなければ、

プラスすぎることもない。

だから、なんか見失ってる気がしたり、

無くしてしまったものがあるような気がしていた。

 ➖

根拠のない自信は生きる上で本当に大切ですね。

それの逆で、

根拠のない不安は生きる上で最も怖いのですね。

そう思ってた。漠然と何かに怯えてた。

「素直と純粋」の意味とやり方が

分からなくなった。

分かってたし、できていたのに。

 ➖

でもね。昨日と福岡での

僕ら3人、その日暮らしのライブ。

先述した僕が忘れてたように感じていた、

その何かしらたちを、集めに行ったのか、

皆様の力で集まってきてたのかは分からないけど、

個人的に、それが僕の心と頭の中に明確にあった。

キラッと光っていた。まばゆく。

 

興奮でも不安でもない、

あの何とも言い難い独特な空間、

ライブハウスのステージの上で、

僕はそれと再会していたのだ。

「よう、久しぶり。」と握手していた様な。

煙草が消えかける瞬間に一旦、結論づけた。

 ➖

沢山の人がいる。

沢山の種類の人がいる。

良い感情も悪い感情も、大きさなんて、

他人と比較するものではない。

大も小も、その人達、それぞれ違う。

 

それが良いものなのか、悪いものなのか、

分からなくなったり不安になったり、

逆に、

確信めいてたり、教えてあげたかったりするから、人は人と出会い続け、恋をしたりされたり、先輩や後輩となったり、友達や親友となったり、

色んな関係(カテゴリ)が産まれていく。

その中で.

話し続け、たまには口論になり、

傷つけ傷つけられ、気付き、気付かされる。

 ➖

キッカケは、いつだって、近くにあるし、

誰かが持ってくれている。

自分たちの中にだって、絶対にある。

それに、いつ気付くかだけの問題。

分からないなら、出来ないなら、待てばいい。

誰か気付いてくれる。

そんな人が実はたくさんいる。

そんな場所が実はたくさんある。

己の心のフィルターを少し薄くするだけ。

 ➖

無理はし過ぎないように、

無理を無理と思わないことに、

できるだけ気を付けて。それに気付いて。

 ➖

きっと、大丈夫さ、僕も君も。

人が居るから。話が出来るし、

そんな街があるから。

 ➖

次は、きっと、僕は、

「大切 」という言葉の、本当の意味や、

やり方を知ることになるような気がしてる。

確実にくる。というか、取りに行く。

 ➖

僕の周りに居てくれる人達に、

心よりの感謝を込めて、今日は、

此処で一旦、筆を置きます。

 

読んでいただき、というか、

いつも、何かしら、

ありがとうございます。

 

これからも、よろしく。

f:id:s-seidai0509:20170424115431j:image

 

f:id:s-seidai0509:20170424115526j:image

 

f:id:s-seidai0509:20170424115546j:image

 

f:id:s-seidai0509:20170424115557j:image

 

f:id:s-seidai0509:20170424115624j:image

 

 

病抱えて、山に登ろう。そこで、お茶しよう。

やりたいようにやるのと、

純粋に愛したり楽しんだり信じたりするする力が、僕にはないのだと昨日、再認識した。

 

それは身を守るための自己嫌悪や不安や疑念によるバリアでした。

「間」と言うものが愛せず苦手で、だから喋り捲って、相手を追い込んでるのだと気付く。

 

だから、とりあえず相手を本気で信じたり、愛したり、思いやったりしてたら、気を遣うという概念も思考や論理もなく、純粋に相手の話をゆっくり聞いたり、普通に楽しめたり、疑ったりすることもなくなるだろうなと思いました。

 

完結した気がします。
後はこれを人の前で、できるのかな?って事ですが、それは意識し続けて生活してたら、無意識に習慣になる事でしょう。

 

僕等は、皆、似てるようで似てなくて、人間誰もが多分、理想とする場所や生き方や死に様はそんなに変わらないと思うのです。

 

ミンナ何かしらトラウマがあって、診察に行けば、何かしらの病気スタンプを貰えることでしょう。

だから、そんなにみんな変わらないはずなのに。

 

そこで感情や性格が作用して方向性が変わっていくのが人間で、それで喧嘩したり見直したり傷つけ傷つけられ気づき気づかされるのが人間関係です。

 

ここで文字にするのは容易いけど、やはり他人でも家族でも友達でも恋人でも、別の人間は別の人間だから、とても難しいし揉めるけれど、そこで何か見つかるから人は人と居続けるのでしょう。


孤独は風景で、友達で、一生のものではなく一瞬のものだと教わりました。鬱病になってから俺は時間が有り余ってる分、気付くことばかりです。

これが療養です。

 

そこの最終的に行き着く先は感謝です。

 

そして、昔より素直になり始めてます。

そんなもんだ。割り切る力も増えた。

から、僕は身近な人からとにかく大切にしたい。

全員は無理だから1人ずつ。してもらったからです。

隣にいる人から、まず。

 

それだけでいいのにね。

 

だから、珈琲を飲みに行こう。

週末の佳境。

 

SNSは刺激が強すぎるし、

雨や曇りの日は漠然と不安。

部屋で1人はやはり不安だし、

晴れてたとしても、

外に出るのも億劫だし、人ごみは怖い。

笑い声はうるさい。

なんやかんやあって、家にいる。

居るものの、家の蛍光灯は明るすぎる。

暗けりゃ落ち着くけど、寂しさは増す。

 

ミンナ大変だし、ミンナきっと何かしら病気だ。

けれど、ミンナなんでか、気付いてくれていて、

先日、先述した通り、

気取らない優しさ、気負わせない優しさをくれる。

素直に受け止めきれない自分が嫌い。

でも本当は暖かい。思い知ってる。

でも、何かしら言い訳を探してる。

 

だから彼女と一緒にした。

けど、こんな薬漬けの毎日、

慣れてきたからなのか、季節のせいなのか、

結局、眠れず、身体も心も疲弊して、

その疲弊は最も近い人に伝染する。

僕の疲弊が誰かの疲弊を産み、疲弊が合体し、

膨張して莫大な疲弊になり、誰かの涙になる。

僕は涙出ない。過去を振り返るばかり

今まで居てくれた人達のことを振り返る。

 

その人達の前で偉そうに、

論理や思想や哲学を披露して、

疲労してたことが急に馬鹿らしく情けなくなった。

いや、虚しいが相応しい表現か?

 

良くも悪くも、

変わったこと、変えれたことも少なからずと

僕の中にもあるだろう。逆も然り。

 

けれど、僕が人を傷つけているときの状況、発言、思考、論理、言葉尻は何も変わってなかったよ。

 

無意識の意識の中、

人のせいにして自己否定と言う枠の中の自己肯定で勝手に楽になってたのだろう。結果、大嫌いな母親と同じ始末だ。蛙の子は蛙か?やはり。そうじゃないと信じる他ないけど。儚いけど。

 

手遅れではないだろう。そんなことないだろう。

 

遅すぎることなんて何1つない。君も僕も間違ってない。終わらない。巡り巡って貴方と居るように混ざり混ざって真っ二つの道になり。とか、絶対なんかない、絶対に。とか、大事なことは大好きな先輩が、いつでも歌ってるんだよな。

 

それに甘んじることも乗っかることも今はできないけれど、近くの人だけでも大切にできたらと思ってた。できないから、考えた。分からなかった。

到底、行き着かないだろうとも思った今は。諦めないけど。考え過ぎて考えが及ばなかった。

 

躁とか鬱とかトラウマとかじゃない。

そんなの、みんな持ってる。

解決までも時間でもないと思う。

フィルター通した思いやりだと思う。知らんけど。

 

言葉に捉われすぎて、思考に囲まれて、

結果、大切なものに慣れて甘んじて、

見失っているんだろう。大切なものが何かすら漠然としてるのに。

 

まぁ今日は結局、一通り、何も分からないし、暫く答えも出ない問題なのだろう。

まだ登ってる山の高さも知らないし、

頂上なんて当然、見えない。

見たくもないまでもある。

 

休む?わかんない。何したい?わかんない。

何も考えたくないなってことを考えてる。

 

でも大切にできてなかったものは大切にしたい。

 

こんなとこで残す言葉なんて書けば書くほど薄っぺらくなっていくばかりだなぁと思うけど、まぁその内、自分で読み直して、何か気づけるように残しておくことにするよ、俺の場所だし。

 

どうか深く眠れますように。もう目がしばらく覚めませんように。気持も冷めませんように。

 

別に誰でもいいけど、

誰かが、どうかいい夜を過ごせますように。

 

おやすみなさい。

みんな明日から辛い5日間、耐え忍んでください。

それは純な感情です。

 

おやすみなさい。

幼少の果て、今。

 

爽やかな曲ができました。

病気?にも、なってみるもんですね。

 

 

「幼少の果て、今。」


「いつまでも、側に居て。」って、どれだけ子供なんだ。
今迄だって、ずっと誰かが、側に居たじゃないかよ。

「見栄を連れて、虚勢まで張って。」どれだけ子供なんだ。
それでも、ずっと、誰か、お前の側に居たじゃないか。

陰に居たって、陽に居たって、それほど変わらないよ。
それでも、ずっと、誰か、お前を照らしていたじゃないか。

歳だけとって、鬱に至って、また、まだ子供なんだ。
それさえ、歌に変えて、不思議と生きていくんだろう。


幼少の果て、今、大人になれたかい?
幼少の果て、まだ、子供のままかい?

どれ程、愛して。どれ程、愛され。
全てが決まる。全てが分かる。全てが変わる。
「全てが変わる。」

幼児還り。

 

 

だいぶ日が空いた。

酷い口臭と脇汗の匂いで目覚めた。

どんな導入薬が合うのか分からず変え続けているが

やはり眠りが浅い。その浅さと比例して、

悪夢を見る確率は高くなる。

 

この感情麻痺ミルフィーユの俺が

グワングワンと感情を客観的かつ他人事ながら、

揺らされた4月1日の水俣の1.5日間から約2週間経過しようとしている。それからの毎日は、あいもかわらず、

項垂れた日々の中、彼女の仕事からの帰りを待つだけの日々、そして、週末、彼女と何処かへ出かけるのを待望とする日々です。泣けなくなって、情けないな。

 

 

 

水俣は町も人も美しかった。

 

言葉そのまま。

純。だった。何もかも。

あそこを創り上げてきた人たち自身と、

その理由が、根から純であるからだろう。

 

鹿児島から共に行ったメンバーや先輩達は

とにかく自然な優しさを鹿児島に帰るまで

与え続けていた。気取らず、気負わせない優しさ。

 

あ、俺、鬱治ったんじゃね。と錯覚した。

水俣の皆様も先輩達もメンバーも本当にありがとうございました。

 

 

水俣から帰ってきてからは身体が動かず16時間ぐらい寝続けた。やはり、そんな感じかと自負。

 

 

とても優しい暖かい日々の中、

幼児還りのような感情になることが増えた。

思いやりのない、むしろ、責任感もない発言が増え、彼女を傷付ける回数が増えた。泣いていた。

ここまでしてもらってるのに、浅はかで安易な子供のような態度と発言。ただ拗ねてる。

振り返っても情けない。

 

 

雨と一人と自宅の相性が良くない。

また今週から病院と薬が変わる。

どうせ病名もまた変わる。そんなもんだ。

風邪が喉からなのか鼻からなのかぐらいの違いで、

遅かれ早かれかで、診断行くか行かないかの違い。

 

そう分かってるから自分を責めるが、

少しは開き直って休息したい。

そして、復帰したい。

少しずつ良くなってる。気がする。

 

 

 

雨ばかりだけど桜が咲いたし暖かくなってきた。

季節が移ろいでいくのは好きだ。君の服装が変わるのも楽しみだ。先は長い。

 

満身。

日付回って今日から、

水俣からやる新曲の歌詞です。

今しか書き切れない歌詞、曲だと思います。

こんなに歌詞を推敲したのは初めてでした。

 

 

満身


死ぬ為に生きている。
死んだように生きてみる。心情、畜生。
泣くために笑い合う。
笑ったように泣いている、君を。君と。

 

馴染みゆく現状、鳴り響く幻聴。
沈みゆく太陽、身に染みる体温。

 


いつか、消える日々と、信じて、
昨日の希望も、君の意味も、
信じたい。愛したい。話したい。離さない。

 


世界を許す俺を許す。
俺を許す世界を許す。

君を愛す俺を愛す。
俺を愛す君を愛している。

無邪気に。
無邪気に。

 


いつか、見える日々と、信じた。
清く笑う、君の隅で、 生きてこう。
見えぬ、未来を、見に行こう。
そして、キスしよう。キスしよう。
キスしよう。

先程の話。先日の夜中の話。

 

最近の朝は、

仕事に行く彼女に合わせて起き、

僕はそこから自分ちに帰る。

 

調子が良ければ、何かしらの行動を起こし、

外を出歩いたり、勉強したりする。

 

調子が良くなければ、

帰宅後、そのまま床に倒れ込んで、

すぐさま寝る。そして、寝続ける。

 

今日は中途半端な気持ちだったので、

コンビニで野菜ジュースだけを買い、

それをもう食事とし薬を飲み、

いつも通り、腹を下し、すぐさま寝た。

 

こんな毎日だからか、

「俺は今、夏休みの中に存在してる」という夢を見た。

とても不思議な心地が襲って来ていた。

「あ、やべ、宿題しなきゃ。」という漫画にも使われないぐらいベタな。自分の寝言で目覚めた。涎は垂れまくっている。僕は寝起きの朦朧とした意識の中、

 

「あれ、夏休みだっけ?何休みだっけ?いや、違う。じゃあ、宿題ってなんだ。読書感想文と漢字ドリルを命じられてた気がする。漢字ドリルを鞄から出さな。え、でも、やり残したことあったか。というか俺は何に追われてるんだ。いつまで夏休みだっけ。宿題しなきゃ。って俺は今までの長期休みの宿題なんて出したことはなかったぞ。何を言ってるんだ。何に追われてるんだ。おい、ここはどこだ。今は、いつだ。」

 

と、脳内か心でか、分からぬが、

ガーガーしてるうちに、また眠っていた。

そして、先ほど、起きた。

 

なんだか、今の自分の状況からすると、とても腑に落ちる夢だったので、記しておいただけ。

 

話は変わるようで変わらないし

変わらないようで変わるが、

 

深夜、寝る前に思い出す、幼少時の毎週土曜の夜の話。とても悲しい思いをする曜日だった。

クスリばかり飲んでるので、安定に安定を重ね、心の麻痺ミルフィーユ状態の俺から、簡単に涙なんかは出ないけれど、心の奥底、やはり、えげつないぐらい悲しくなる。

 

けれど、なんか、ふと気づいた。俺はこのまま生きていけば、最近、僕を囲む人達といれば、もうあの時のような悲しみはやってこないだろう。いや、決して、やってこない。確実だ。

終わったのだ、もう、僕が囚われていた数々の悲しみは終わったのだ。と、安堵したのだ。

 

僕はすぐ隣で寝ていた彼女にそれを伝えた。彼女は寝ぼけながらも、

 

「その通りよ。あなたの個性が繋いだ人達なのよ。貴方は人一倍、人に感謝できる人生だったわ。それが良かったのか悪かったのかは分からないけれど。その人達は今の貴方といる。だから、大丈夫よ。もう大丈夫。」

 

と言い、少しの力で僕を抱きしめてくれた後、寝息を立てながら眠り出した。僕は安堵と同時に、その裏の不安まで予測してしまうので、暫く悶々とした後、眠りに落ちた。

 

しかし、次の日の朝、少し心は軽かった。これが、療養か。と思った。

 

 

夢のような日々なのか

日々のような夢なのか。

 

 

心の麻痺ミルフィーユも悪くない。