島崎清大「ただ、生活。」

その日暮らしGt.Vo.島崎清大の日記。的な。文学かぶれ。

昨夜の3時

午前3時、最近を連ねる。

 


一つの不安が、

全ての感情に伝染していき、

ひたすらにネガティブな結論だけを生みつづけ、全てのパフォーマンスを虐げる。悪循環。気を遣ったら気を遣われて思考がどんどん退行していって、脳みその後ろ側の血管がはち切れんばかりにズイズイ膨らむイメージで軋むような痛みを残して、はい、さようなら。

自分は、おそらく人よりも、考えすぎで気に強いな性格であるが、

正直、何の違和感もなければ、それらは生まれない。安定してる日や時間帯もある。しかし、確証がない上、目に見えない有象無象たちを言葉にして相手に尋ねることは、野暮であるし、とても恐ろしいことのように思うので、聞けない、言えない。

元来、自分は別に明るい性格ではない。幼少期から人の顔色を窺って生きてきて、嫌われないように嫌われないように、それなりに気を遣って生きてきた。まずおしゃべりでもなかったし、耳も悪いわ、小学生の低学年までは吃音だし滑舌も最悪だったし、最低な感じだった。明るい性格になれたのも、人とうまく話せるようになったのも、ひとのおかげであるし、感謝は勿論してるのだけど、こんなに横柄な態度を取っているのも、正直、虚勢が産んだ弊害で、もう自分がどこに向かい、どんな人で在りたい、とか、何をしてる時が一番、楽しいか。とか、幸せだとか、将来的な夢とか、ほとんど無い。何となく楽しかったらいいよね。とかも無い。楽しんでいたいのかどうかもわからない。何しても何かにイライラしてるし何かに不安。満たされることがないの?とか聞かれたことがある。人生の、その上の生活に於いて、満たされるってなに?28年間、生きてこれた。生かせて頂いた。沢山の事象と人々に心より感謝してる。してるからこそ、辛い。

正直、この病気?というか性格?って、死ぬまで治らないのかな。確信的な言葉や優しさが欲しいのかな。でも、それって何なのかな?僕が分かっていない以上、誰にも与えることはできないよね。何で君はそんなに僕を愚弄するようなことばかりするの?未来を信じることは悪いことなのか?愚かなのか。若い奴からしたらおじさんなのか?ノリで生きれるほど若くねえよ。

理想の悲壮。

僕は幸せになりたい。

 


幸せの仕合わせを理解してないあまり、

幸せの具合もあまり知らないし、

それに馴れることも、

暫くないのだろうけれど。

理想の、成りたいものになりたすぎて、

成れない理想とのギャップに

打ちひしがれるばかり。

比較が故なのか、

セッカチ故の

現状のタイム感の遅さなのか。


全てを手段と捉えることができれば

少しは心が軽くなったりするのだろうか。


元ヤンの友達は言った。

根明の根元はなんだ。と尋ねた際に、

まだ悲しいことが起こってないのに、

いま悲しがる必要性などないのだ。と。

悲しいことが起きてから悲しめ。と。


目に見えた窓ガラスを割り続けて、

その中で割れない窓ガラスを見つけて

これは割れないことに

本当の窓ガラスだと安堵することは

意味がないよ。

信頼してる人の言葉が身体に馴染んだ。


腕枕の暖かみだけが本当のはずだ。

白飯の柔らかさも本当のはずだ。

僕が歩いてきた足の感触は、

きっと、現実の連続だったはずだ。


その温度を忘れたわけではない。

怒りを以て灯りにすることの意味は。

優しさを卑しさにしてしまう意味は。


僕は幸せの意味を手に入れるべく、

全ての手段を持って、生きていく。

淡い、期待、未来。

最近の最近、

不透明だな。窮屈だな。

と思うことが、凄く増えたのだけれど、

正直、今までも変わらず不透明で窮屈だったはずなのだけれど。

 

多分、それは、昔よりも今の方が、鮮明に物事が見え出したり、必要か否かの基準がクリアになってきたからかもしれないな。

 

何を根底に生きればいいだろうか。

多幸感に包まれていると、

多幸感により、目を逸らしてしまう物事に、

のしかかられたりする。

まぁ、きっと、いつまでも、

こんな感じなんだろうけれど。

 

いつもよりも、

優しくいたいなと思う。

その尺度も、実現能力も、

昔よりは深くなっている気がする。

現実、周りに優しい人が増えたし。

 

時期尚早。そのうち、またホットな瞬間がやってくるはずだから、そこを見逃さない事だけが、今必要とされている。

 

 

実直

【実直】

 


正直、薄々、分かっている。

俺は何者でもなくて、

何者にもなれないということを。

蛙の子は蛙、その蛙、大海を知らず。

何処へも帰れず、気付いたら、沼の中。

 


傷つけてきた人の顔ばかり、思い出す。

借りた金の額、指折り、とっくに指は足りない。

後ろ指刺された日ばかり思い出されて、

夕暮れより、早く沈みゆく、心。

 


ロックスターの次は文豪で、文豪の先は何だ。

綺麗なお嫁さんの次は、毎日大変な専業主婦。

エモいとか青いとか、ロックとかパンクとか、

馬鹿みたいな日本語ばかりに侵食されちゃって、

どん詰まり、生き詰まり、行き止まり。

 


何が俺をイラつかせるのが分からない、

それ以前に今が現実なのかも分からない。

誰かからのディスなんて昨夜の布団で完結した。

まぁ、いいか。愛してるって嘯いて、手を握るよ。

 


死にたい自分と死にたい君を信じて。

全てが作用して、それらは熱を帯びて、

光が照らして、繋がって、僕等になるよ。

 


何も違わない。何も疑うな。

ファズに乗せて、歌おう。そうしよう。

喜んでいる。

僕等は、腐っても、バンドマンだから、

当たり前にライブハウスで、ライブをする。

 


そんな当たり前の現状は、

やはり当たり前ではなくて。

 


初心に還ろうにも、

経験が伴う以上、

初心でも無くなってくる。

 


置いてきた荷物を拾いに行く必要もない。

持ちきれない荷物も、置いていく。

置いてきたことは忘れないにしても。だよ。

それは悪いことでもない気がする。

 


ポジティブとかネガテイブという概念でもない。

イメージしたことは良かれ悪かれ、知らぬうちに、

現実になっていく。致し方がないまで致そう。

でも、それは痛そう。皮膚感覚をも連れて行きたい。

 


感謝をしている。そのお陰で生きれている。

それは詰まる所、俺の話でしかない。

そこで立ち止まり、考えた。また考えた。

 


それを、どんな形であれ、

君に返そうと思うこと、

実現に向けて無理をすること。

 


それを、愛と呼ばず、なんと呼ぶのでしょう。

 


また、未来を、想像した。

否定も肯定も此処にはない。

ただのムーヴメント。お疲れっした。

 


今日の現実は、感謝でした。


人性補欠はカッコいい。

俺らもかっこいい。

大好きな人たちは優しい。

あの子も相当、かわいい。


単純なこと以外は、

一先ず今日はなにも要らない。

恋は二日酔いに似ている。

 

その言葉に似たような事をベロベロバーな昨夜、考えていた。

 

恋は盲目なんて、そんな言葉を考える余地もなく、酔って酔って、酔い尽くした結果、誰に分かってもらえるでもなく、本当の自分の想い、して、他人に受け容れ易いものでもなく、ただ、誰をも巻き込まない思想や感情に対峙した結果、その結果のみが、僕等に許された恋心だと思う。そりゃもう、エゴもエゴに塗れた片思い的感情、思想であるとしても。

 

誰に共感される訳でも、誰かに否定される訳でもなく、盲目なんて言葉では片付かない。しっかりと目を見開き、目の前に広がる景色を、真っ直ぐ見つめるも、真っ暗。そう、ただ、真っ暗。僕の心にある君はどこですか?あの瞬間の光はどこですか。

 

そんな俺の日々の中でも、俺の想い増していくばかりだぜ。誰よりもロマンチックな言葉で君に伝えるぜ。君すら分かってくれなきゃ意味ないんだぜ。え、もしかして、これって絶景ってやつ?

ぐらいのニュアンスで。闇をも闇と思えないぐらいのマインドで。そこに関して、僕の事を、盲目なんて言葉で纏めてくれるなよ。そんなバカな事、思ったりもしてみて。また勝手に感情的になったりしてみて。

 

飲めば飲むほど、頭も痛むし、今朝、起きた、その後に、二日酔いに悩まされる、あの感じ。

あのタイミングに於いて、ハイボールからの酎ハイが良くなかったんや。とか、あそこで締めを買っておけば、、まだ楽だったよな。そんな程度の、そんな雰囲気の、どうしようもない癖に、昨日による今日を、過去を未来を、省みたものの、明日こそは、と、勝手に悩んでしまう決意すらも、きっと恋心で、どうせ、どうしようもない日々の上で、君がいる、彩を生む、そんな結果しか生まない日々に対しても、酒を飲んだ後で分からされ、酒を飲みまくった夜明け、気付かされた、二日酔いに似た感情なのかもしれない。

 

ただ、君に、あの言葉を伝えたかっただけなのだけれど、もう今日は酔ってしまったし、また明日、素面で、いっそのこと。なんて、全部、独りよがりじゃん。感情の原点だけが大事なのにね。

 

恋は二日酔いに似ている。

無我

昨日、近づいた気がした。分かった気がした。

身体と竿の境界が次第に失われていき、

そこに漠然と存在しているかのようで、

それの根源は無。きっと、無。だった。

その無が繋がっていき、確固とした、

より強大な有になり、まだ先を見越す感覚。

意外と冷静だったりする。

あの瞬間は久しぶりだった。

恐らく、脳にも身体にも、

なかなかに覚えさせることは出来ない。

しかし、その狭間の、繊細かつ不安定な、

その感覚に、イメージしておくことはできる。

アレだよな、伝説とか最強って。

音楽だったし、僕達はバンドだった。

完全なる、その日暮らしだった。嬉しかった。

 


先輩達の音楽を沢山、聴いてきた。

ライブも沢山、観てきた。話もしてきた。

 


昨日、なんか、ふと思った。

今の自分がどこに存在しているのかは別の話として、

ベンジャミンバトン的メンタル。

人はきっと、どんなことをも越えていくと、

純粋。に戻っていくんじゃないかな。と思えた。

だから、いつも何かに恥ずかしい自分が、

昨日だけは、恥ずかしくなかった。

少し肩の力も抜けて、自信も持てた。

幼児返り、なんぼのもんじゃい。とか思えた。


かっこよすぎる人を見ると、ずっこいな。

とか思っちゃう自分、少しダサいけど、

笑って許してくれるところが、またかっこいい。


楽になっていく。傍ら、辛くなっていく。

一生、続いていい。続くなら、それでいい。

 


14日に、また何か気付ける。だろう。

 

生きてる。温度を確かに持って生きてる。