島崎清大の「来たる未来。」

島崎清大のブログ。の様なモノ。

この世の果てか?馬鹿なあいつの顔が過って堪らない。

 

暫くの間、休みを貰っているバイト先までの

面談の道中、自転車を漕いでたら、

突然、中型のバイクに右側から追突された。

 

皮肉にも、片方だけ刺してたイヤホンからLOSTAGEのガスが流れてた。

 

止まる車たち、駆け寄ってくる人達、

追突してきたドライバーが何かを言っている。何故か俺に怒鳴り込む通行人、起こそうとしてくれる数人。

 

敷かれ、倒れ、数十秒の記憶がない。怒鳴り込む奴に目がいったが、言葉は入ってこない。先ず思ったのは、急がなきゃいけないのに。次は、なかなか死ねないもんだな。沢山の表情や怒声や囁き声で僕はパニックになり、何もできず、何も言えず、俺も悪いし仕方ない。大丈夫です。大丈夫です。と繰り返して、自転車乗ろうと思ったら、なんか曲がってるしガサガサ言うけど、無理矢理、乗って、バイト先に行って、面談したけど、もう堕ちてるしパニックになってるし、酷いザマで何の言葉も言えず、用事があるので。と繰り返して、ZOKUDAMS主催の怪獣大戦争を観に行った。最高以外の何物でもなかった。

 

帰らずにウダウダしてたら、祁答院さんがいて、少し色んな話をしたけど、やはり、僕はこの人の感性が、とても好きだな。って思った。いつも会話が、互いに拡がりを見せる。僕のペースも焦らずに話せる。し、聴いてもらえる。しかし、平日の夜は短い。お別れ。

 

歩いて帰ってきたら、右足内出血が酷い色で笑いも出ない。昨日は大切な用事も飛ばしてるし、毎日、毎日、が、いつを過ごしてるのかわからないまま進んでる。楽しい日は色んなものが麻痺してしまう。

そんな次の日はドッと奴らが押し寄せる。何も言わず、それを身体に這わせてる感覚。

 

目が霞んできて肩の震えが止まらなくなり薬を飲んでジッと時を待ったら気を失って、また、どこかの、いつかもわからぬ日に身体を落とされる感じ。

 

感覚を感覚として受け止めるには僕だけでは不充分だと毎夜、思う。温もりも足りないな。と思う。

 

今日は、クソを踏んだ。と思ったら、銀杏を踏んでいた。鹿児島の秋は短いことを思い出した。

 

何事もないような毎日でも物足りないけど、

こんなに何かあった日も、やはり何かが欠けてると感じてる。足りない、足りない。と思い続けてる。意味もなく。甲斐性もなく。

 

死にたくなる午前四時。だ。

決まって、そうだ。

でも、何か色々と自分で勝手に決めたことが待ってる。明日も明後日も。

 

生きるって何だろう。

 

でも、こんな毎日の中、

とてもとても優しい歌ができた。

そんな夜を越えてきたし、

そんな夜を貰ってきたから。

 

いつか聴いてください。

 

少なからず、悲しみの数が多くないことを、

一つ、それだけ、一つ、

幸、多からんことを。幸、多からんことを。

祈ります。

さよなら、だけが、アレだって、話だぜ。

 

或る青年は酷く戸惑っていた。

自分の足で踏み締める土地の感覚が、

軽薄すぎることに酷く戸惑っていた。

 

或る青年は酷く困っていた。

大好きだった連ねられた文章を読み、

様々な嗜好に応じる事に罪悪感を、

いつだって感じる思考に酷く困っていた。

 

或る青年は酷く煩わしかった。

呑み屋で出会った連れに言われた、

自分の髪の色や服装の着目や文句が、

そいつの感情でしかなく、それに対し、

俺の感情も湧き上がらない事に、うんざりし、

そこで産まれる他や己への評価が、

酷く煩わしかった。理由もありき。

 

或る青年は荒れ果てた。

殴っても殴っても血の出ない心身を、

態とらしく棒に振って何気無い素ぶりすらも、

誠の己は誠の俺への忠誠心に逆らい、

感傷的にも干渉的にもなれぬ己に苛つき、

傷つき、悩み果てなく、旅路が続いてく運命に、

トドメを探すタイミングを見計らい、

青年は荒れ果てた。

 

青年の家の模様が変わった。

テレビのインチ数が上がり、

何故だか高級取りのような家になり、

生きてる事にすら後ろめたさが消えないのに、

青年の家は模様が変わっていく。

 

季節が変われば、服装も変わり、

その変化にすら愛おしさを覚えてた青年は、

もう何処にも居ない。

 

何かを表記や手記するにも、

H29.7.21と記してしまう。

 

そこから青年のタイマーは動いていない。

理由はわからない。記憶力も犇と失われ、

隣に誰もいない1人すら愛せず、

そんな奴は誰をも愛せる力は持っておらず、

青年は酷く傷ついていた。

 

傷に感け、何処かの狭間に納まろうとし、

兎に角、逃げる場所を探し、走らんとしていた。

 

自堕落。という言葉一つが、

青年を崩壊させていった。

 

初めてではない。

大宰の描く葉太郎に出会った時も、

町田の描く熊太郎に出会った時と、

何ら変わらなく、自堕落な自身は、

元から自堕落であり、今更、何を。

と思う日々が増え、飲酒も増え、

その反動で拡がる、己への嫌悪は、

意に反する事なく、比例する。

 

然し、それが人生で、

ノックダウン寸前のボクサー、

カウント9で諦めを決した時、

勝手なレフェリーが、無理矢理、

青年の身を起こしては、

また殴り続けられたら、

または逆も然りで、

 

死ぬ程、愛されていた筈の青年は、

きっと、そうでなくて、

情けなかったのろうか、

人の目に触れるレベルで、

抑える力のない人間だったよ、青年。

 

生きたいのか?死にたいのか?

垂れ下がった首吊りロープを見て、

一先ず安堵して死を超えて、

生きるのみとなっております。

 

 

会えるのなら今だ。

未だ蜃気楼の中、私、

触れたいものに触れる勇気が有りませぬ。

お許しください。神様。

 

最近、神様も馬鹿にできないな。とまで

行き着いた、或る青年は、

酷く脆く、酷く無様で、程度の軽い融和を、

臨んでいるのです。

 

嗚呼、なんて浅ましい。

誰か、彼を如何にか殺めてやってくれ。

 

優しさを、母性を、言葉を、寝息を、じゃれ合いを、寝言を、青年の眠りも、貴方の眠りをも、

与えてくださるか、逆に振るか。

 

死ぬように眠れ、其処の青年。

有無を言わず気を失いたまえ、

さあ、遠慮はなさらずに。

 

 

おやすみ世界。さよなら、或る青年。

朝には悔いなきように死んでおけよ。

際限無く死に近い9月の初め。

 

回りくどい書き方をせずに書かせてもらおう。

僕は昨日、とても悲しみに溢れてた8月が、

終わってしまうことに大変な虚しさと、

同時に切なさ込み上げる金木犀の匂い、漂う、

9月がやってくることに少なからず喜びを覚えていた。

 

単刀直入に言うと昨日の僕は躁で、

今日の僕は稀に見る鬱で今日の記憶がない。

 

今、それを残しておこうと此処で手記することにした。彼女も居らず同棲ということしてないし、誰かが僕の家に居候している訳でもないが、部屋に僕ともう1人いる感覚だ。それはきっと僕であり僕ではない。二重人格とまでは言わないけれど、昨日の僕のつもりでいた今日の僕は、信じられないことばかり起こす。月を跨ぐこと、季節が変わって彩られていくこと、そして、昔を思い出していくこと。

僕は、それをとても大切にしている。

 

いつ迄経っても、自堕落な私、

少なからず人の力で生き延ばされ、

今、生きて、振り返れる人生があり、

それを大なり小なり、現在と比較できること。

それを僕だけでなく誰かと言葉を交わせること。

素敵、美しさ、以外の何物でもないが、

上、それ以上も以下もない。

 

折角の9月が俺の元に訪れていたにも関わらず、

俺は今日、極限、そして、際限無く、

死に近い状態だった。9月がくるって約束も、

忘れていたぐらいだ。先ほど、一時間前、

漸く脳が正気を保ち始めた瞬間、

俺は愕然とした。

 

1日の約束を全て飛ばしていたことにも気付き、訳のわからないもので家が散々としている。誰の仕業だと激昂しそうになるぐらいの様だった。返してない連絡と未だ在るのだろう。

 

それを1つずつ片付けていっては、

記憶の断片を探るが、目眩と立ち眩みで、

マトモに動くこともできず、予想以上のエネルギーを使い、それを追っていく。しかし、俺の断片は殆ど見つからず、もう探るのも諦めことにして、目の前のことを徹底的に清掃という名の破壊をしていく。

 

ほとほと情けなくなって、

目眩で、倒れ込むたびに、

一層の事、俺に死を。と、

叫びたくなるのを堪えて、

 

自分達の力でや今迄の出会いで、

組まれたバンドのスケジュール。

信じられないぐらいの電話代は、

一先ず、忘れたフリをして、

確実に一気に拡がりを見せた世界。

 

俺個人もバンドも、

生存し続けるかの確認作業と、

僕等の力を何処まで影響させれるかの

腕試しのような修行のようなツアーが始まる。

 

もう9月は来ちゃったのだから仕様がない。

今日は申し訳なかったが、明日からは、

もうツアーがスタートしている気持ちで

いるからさ、今日だけは目を瞑って許してくれ。

 

部屋に、住んではガチャガチャにしていく、姿形も分からぬ者よ、どうにか擦り合わせて、一先ずは死を遠ざけ、希望や優しさに身を委ねて見ようじゃないか。

 

いい歌が出来そうだ。

孤独はもう飽きたよ。

3歳から孤独だからね、

もう僕は孤独のやり方を知ってるから、

大切なやり方を気付いていかなきゃな。

このままだと、

今年すら終わってしまうよ。いつの間にか。

 

間に合わせよう。諸々と。

 

追伸:そんな中、突然の連絡で、一筆書いてくれと、文学青年、島崎は、友人の為に書き下ろしました。

ママママというコント製作団体を指揮する木之瀬君という奴が京都にいます。ツアーと被ってるから一先ず、見に行かねばならぬ。と。

取り敢えず、彼が作ったフリーペーパーを貼っておくから、其処でも彼の文から始め他のアーティストの文も、僕の負けじと書いた文も読んでおきたまえよ。

https://note.mu/mmmm_mag/m/m17830eb30058

 

 

際限なく近づく死を迎え入れ、

それを懐に入れ暖めておき、

今は際限なく喜びに近い大きな声を、

叫べますように。祈り、眠る。

 

各々の人々に幸多からんことを。

 

ミサイルが飛んだらしい。8.29

 

病院に行く毎に、薬が変わっては、

比例して寝つきも寝起きも変わる。

 

合う、合わないの噛み合わせがつくまで、

続くのだが、酷くキツいことで、

躁鬱の波が1日の間に何往復も起こるので、

薬も強くなっていけば行くほど、

ドンドンと意識が朦朧とした状態で、

生活を送っている。

 

何月何日何曜日がわからなかったり、

突然、肩が震え出しては止まらなくなったり、

気付いてないうちに家の物の配置が変わってたり、

朝起きたら、食器が二、三枚割れてたり、

日々、散々な毎日ですが。

 

僕はそれと共に生活しなければならぬ。

 

その生活の中で、

やはり朦朧としてるが故、

忘れて行くことが多い。

だから、僕はTwitterInstagramFacebooksoundcloudもブログもやっている。書いている。そして、敢えて、その様を出来る限り公表している。大抵のものはアプリ同士で連携を取りシェアというやつをしている。

 

其処にも収めきれない、

載せることができない感情などは

随筆としてノートに、ほぼ毎日、手記している。

1ページ目は遺言だ。いつか僕が死んだら、見つけて、誰かに出版してほしい。感情の波で酷く荒れ模様のページもあれば、記憶のない謎の絵まで書かれてる時もある。俺は敢えて読み返していない。

 

精神世界で生きてる今、僕は、とても様々なことを考えている。僕は此処で論理や持論などを公表したくて書いているわけではない。

 

馬鹿な頭が、もっと馬鹿にならないように文字に起こす。読書が趣味なのだが、不感症が酷さを増していて、何の芸術も入ってこないので、本も読めなくなり、テレビもつけず、映画も見ず、漫画も読めない状態になった今、僕は或ることを決めた。

 

インプットできないなら、

只管にアウトプットしていくしかないのだ。

 

でも、絵も見にいくし、音楽だって聞く、入ってくるか否かは別として、そこで思うのは内面ではなく、そのアーティスト達の側面である。

 

やはり、美しいものは美しい。

出来ることが極限まで減ってきている今、僕はアーティストになりたいと思った。バンドマンではなく、精神世界の中、論理や哲学なんかかんやより、広い視野で野を見渡し、この壮大なる野のような感情がやってくる日を待っていてはいけない、手にしていかなきゃいけないのだ。それの一部が手記であったりSNSであったり音楽であるだけ。

 

現実世界では出来ないことが増えてるにも関わらず

精神世界では意外と簡単だな。と思うことが増えた。僕も美しくなりたいから。散る花は美しい。咲く花も美しいが散るまでな過程も散る最中も美しいのだ。

 

朝から15秒しか見ないTwitterで、

ミサイルという言葉を沢山みた。

北朝鮮から日本を超えていった。というような話を知り合いが耳にしたが、大した感情もなかった。

 

次来る震災と北朝鮮のことは考えても答えが出ない。

 

でも、思ったことは1つ。

俺らは生きているのではない。

たまたま死んでないだけなんだ。

死ぬために産まれた。なんて言葉も、神への信仰なども大して思うことはないのだけれど、

何の因果か俺らは偶々、生きてるだけ。

運良く、生き延ばされているだけ。

 

だから、調子に乗ってはいけないのだ。と思った。こんな日々の中でも僕は自分のことができなくても、隣人の1人か2人でも愛したいと思った。憎しみもある。ないわけはない。

 

これからは色々と減らしていく旅なのだ。

と決意した日があったのだ。

修行だと思い、色んなことをアーティストとして成立させ、我の強いカブト虫のような俺でも、少しでも誰かを無我で愛せるようになりますように、暫くは生きてみようと思います。

 

違っても、それは美しくないわけはないし、

また別の美しさを探す他ない。

 

ミサイルが飛んでも、プレートが揺れても、

さっき自転車でコケて、血が出てしまっている小指が一番、痛いのだ。情けなくも正直に小指が一番、痛い。そんな儚さや嘆きを

 

それを分け合う場所はきっとあるはず。

馴れ合うのではない、確実に。

 

似たような奴に似たような答えを与えるのも俺はしない。決めた。

 

Think より Feel で居たいんだ僕。

失う男

 

酷く喉が渇いている。病のせいか?薬のせいか?

酷く君を探している。眠りの為か?心の為か?

教えてくれよ。否定しないから。頼むよ。

 

言い訳ばかりで、逃げ方が上手くなっていく。

「カタワラ」という言葉で、カタがつくのだろう?

 

無我夢中で「無我」を探している。

君に何を言おうか考えている。

無我夢中で「夢」を歩いている。

問いただされて、立ち尽くしている。

 

此処は何処だ?心も何処だ?

夢の中か?時の果てか?

 

似たような奴の為に、

歌っているわけじゃない。

それだけは分かっている。

それだけは気付いてくれよ。

 

祭りの後の、虚しさが、

日々、部屋を、埋め尽くしている。

 

けれど、もう、終わりさ。

もう終わらせるさ。そう、後の祭りさ。

 

それだけで、いいから。

これだけで、いいかな?

夜への。

 

怖い。

 

と思った。

 

人を送り届けるべく、

夜の、外に、出た、瞬間の感情は、

それに尽きた。

 

隣に長年の付き合いの人が居てもだ。

 

今日は楽しかったからかなぁ。

 

なんて

 

祭りの後。のような虚しさでも、

 

家に帰ったら1人かあ、さみちいなあ

 

なんて

 

赤子の甘えのような、

 

その様な類の何でもなく、

 

漠然とした恐怖だ。

 

人は何かにつけて理由をつけたがるし、

意味を求めがるし、何かのせいにしたがる。

従って、俺もそうだ。

 

日常的には、むしろ、一般の方々よりも、

論理付けて、意味付けて、逃げ回る。

 

それなのにだ。

 

分からない恐怖。が、

 

今、俺の中には存在するし、

 

そういう日が多い。というだけの話だ。

 

又、それに従い、眠り辛い体質だ。

 

幼少期からだ。

 

それ以上も以下もない。

 

余計な詮索はしないでくれ。

 

俺に聞いてくれ。

全てを話す。

寧ろ、全ての俺の話を延々と

聞き続けれる馬鹿もいないだろう。

 

長いぞ、俺の話は、

それの論理や理由やこじ付けや、

しかも、感情の不安定も足されたら、

支離滅裂で話の目処が立たない。

 

その覚悟で

「俺の夜への漠然とした恐怖」について、

聞いてくれる覚悟があって、

 

噂や、詮索をしてるのだろうな?

 

いや、そうではないだろうな。

 

俺は分かっているぞ。

 

酒の肴になるなら結構である。

俺のいない場所で俺の話が出るなんて

光栄なことじゃないか。

 

でも、もっと、大胆にいたらどうかな、

 

俺も、お前達も。

 

面を向かい合わせて、

 

胸を張って、愛を語ろうじゃないか。

 

最後は握り拳でも、握手でも、抱擁でも、口付けでも、乾杯でも、沈黙の連続でも、何でも構わないよ、僕は。

 

君には、その勇気があるかい。

 

僕にはあるよ。馬鹿だからね。

 

人と話がしたいんだよ、たくさん。

 

そこで、その人に有るもの無いもの、

 

照らし合わせた自身を重ね、

 

また漠然とした夜を迎えるわけだよ。

 

何が言いたいかってことは特筆することはない。

 

だが、怖いってことぐらいで、

 

俺は人が好きだな。ってことぐらいかな。

 

なんでもいいや。

 

 

 

 

揺れるランドスケープ。窓の向こう側で。

 

つくづく思うの、最近。

何をしても、何かのせいにするな。と、

言われてるな。ってこと。

 

別にかまけて生きてきたつもりはない。

時として、投げた時も、守った時も、

ズルをした時もある。

 

けれど、今は、今だけは、

全てを受け容れていくしかないと。

「そこで、僕が、何処で、誰と何をしたいか。」

の範囲を決めることだけでもできれば、

ここまで辛くなったり、思い悩んだりすることはないのだろう。

 

隙間を埋める作業をしていたら、

いつの間にか好きが入る間も、

失くしてしまっていたみたいだ。

 

憐憫でも同情でもなんでもいい。

それが感情だったら、

なんでもよかったのにさ。

 

僕は、吹き溜まりの成れの果てで、

心の隅で、ずっと何かのせいにしてたんだろうな。

だから、気付かなかったんだよ、傷つけ続けていることに。

 

酷く恥ずかしくなったんだよ。

凄く死にたくなってしまったんだよ。

もう誰にも顔を見せれないな。なんて、

思っていたんだけれど、

 

人って、しっかり話そうとすると、

しっかり聞いてくれるから、

僕もしっかり話して、

しっかり聞かないとな。

 

説法を説いてくれ、

いつか殺法にして、

赤も悪も切り裂くからさ。

 

自分の中身も

周りの仲間も、

本当の意味で守れるように。

 

やっぱり俺はダメだった。

子供だった。なんでもなかった。

それは事実だから。

 

もうプロセスも論理も兼ね備えて、

判断したことだから、仕方ない。という言葉で、

終わらせてもらうけれど、

 

今後の期待が故に、

人たちと衝突してしまうことは増えるし、

それで、半年前みたいに泣いたり、

怒ったりすることが増えてきてるんだ。

 

それだけが僕は成れの果てで生きてきてよかった。

と思えるけれど、

 

半年前の僕は馬鹿で常識知らずだから、

また自分と闘いながら、

常識や言葉から学んでいかないといけない。

 

僕はLOSTAGEを聴いて、

美しくなりたい。と、

毎日、日々の中で、それだけを、

考えてます。

 

論理も難しい言葉もなく、

ただ純粋に子供のように、

四畳半の薄汚れた布団の上で、

天井を見つめながら、

言葉と音を聞きながら、

 

美しくなれたら。な。と思う。

 

そしたら、あいつも怒らなかっただろうし、

あの人も傷つかなかっただろうな。とか、

回想しながら。

 

 

死ぬ迄、研ぎ澄まされて生きたい。

愛を。教えてくれ。

 

f:id:s-seidai0509:20170821170344j:image

 

f:id:s-seidai0509:20170821170357j:image

 

f:id:s-seidai0509:20170821170408j:image

 

f:id:s-seidai0509:20170821170429j:image

 

f:id:s-seidai0509:20170821170449j:image