島崎清大の「来たる未来。」

島崎清大のブログ。の様なモノ。

夜への。

 

怖い。

 

と思った。

 

人を送り届けるべく、

夜の、外に、出た、瞬間の感情は、

それに尽きた。

 

隣に長年の付き合いの人が居てもだ。

 

今日は楽しかったからかなぁ。

 

なんて

 

祭りの後。のような虚しさでも、

 

家に帰ったら1人かあ、さみちいなあ

 

なんて

 

赤子の甘えのような、

 

その様な類の何でもなく、

 

漠然とした恐怖だ。

 

人は何かにつけて理由をつけたがるし、

意味を求めがるし、何かのせいにしたがる。

従って、俺もそうだ。

 

日常的には、むしろ、一般の方々よりも、

論理付けて、意味付けて、逃げ回る。

 

それなのにだ。

 

分からない恐怖。が、

 

今、俺の中には存在するし、

 

そういう日が多い。というだけの話だ。

 

又、それに従い、眠り辛い体質だ。

 

幼少期からだ。

 

それ以上も以下もない。

 

余計な詮索はしないでくれ。

 

俺に聞いてくれ。

全てを話す。

寧ろ、全ての俺の話を延々と

聞き続けれる馬鹿もいないだろう。

 

長いぞ、俺の話は、

それの論理や理由やこじ付けや、

しかも、感情の不安定も足されたら、

支離滅裂で話の目処が立たない。

 

その覚悟で

「俺の夜への漠然とした恐怖」について、

聞いてくれる覚悟があって、

 

噂や、詮索をしてるのだろうな?

 

いや、そうではないだろうな。

 

俺は分かっているぞ。

 

酒の肴になるなら結構である。

俺のいない場所で俺の話が出るなんて

光栄なことじゃないか。

 

でも、もっと、大胆にいたらどうかな、

 

俺も、お前達も。

 

面を向かい合わせて、

 

胸を張って、愛を語ろうじゃないか。

 

最後は握り拳でも、握手でも、抱擁でも、口付けでも、乾杯でも、沈黙の連続でも、何でも構わないよ、僕は。

 

君には、その勇気があるかい。

 

僕にはあるよ。馬鹿だからね。

 

人と話がしたいんだよ、たくさん。

 

そこで、その人に有るもの無いもの、

 

照らし合わせた自身を重ね、

 

また漠然とした夜を迎えるわけだよ。

 

何が言いたいかってことは特筆することはない。

 

だが、怖いってことぐらいで、

 

俺は人が好きだな。ってことぐらいかな。

 

なんでもいいや。

 

 

 

 

揺れるランドスケープ。窓の向こう側で。

 

つくづく思うの、最近。

何をしても、何かのせいにするな。と、

言われてるな。ってこと。

 

別にかまけて生きてきたつもりはない。

時として、投げた時も、守った時も、

ズルをした時もある。

 

けれど、今は、今だけは、

全てを受け容れていくしかないと。

「そこで、僕が、何処で、誰と何をしたいか。」

の範囲を決めることだけでもできれば、

ここまで辛くなったり、思い悩んだりすることはないのだろう。

 

隙間を埋める作業をしていたら、

いつの間にか好きが入る間も、

失くしてしまっていたみたいだ。

 

憐憫でも同情でもなんでもいい。

それが感情だったら、

なんでもよかったのにさ。

 

僕は、吹き溜まりの成れの果てで、

心の隅で、ずっと何かのせいにしてたんだろうな。

だから、気付かなかったんだよ、傷つけ続けていることに。

 

酷く恥ずかしくなったんだよ。

凄く死にたくなってしまったんだよ。

もう誰にも顔を見せれないな。なんて、

思っていたんだけれど、

 

人って、しっかり話そうとすると、

しっかり聞いてくれるから、

僕もしっかり話して、

しっかり聞かないとな。

 

説法を説いてくれ、

いつか殺法にして、

赤も悪も切り裂くからさ。

 

自分の中身も

周りの仲間も、

本当の意味で守れるように。

 

やっぱり俺はダメだった。

子供だった。なんでもなかった。

それは事実だから。

 

もうプロセスも論理も兼ね備えて、

判断したことだから、仕方ない。という言葉で、

終わらせてもらうけれど、

 

今後の期待が故に、

人たちと衝突してしまうことは増えるし、

それで、半年前みたいに泣いたり、

怒ったりすることが増えてきてるんだ。

 

それだけが僕は成れの果てで生きてきてよかった。

と思えるけれど、

 

半年前の僕は馬鹿で常識知らずだから、

また自分と闘いながら、

常識や言葉から学んでいかないといけない。

 

僕はLOSTAGEを聴いて、

美しくなりたい。と、

毎日、日々の中で、それだけを、

考えてます。

 

論理も難しい言葉もなく、

ただ純粋に子供のように、

四畳半の薄汚れた布団の上で、

天井を見つめながら、

言葉と音を聞きながら、

 

美しくなれたら。な。と思う。

 

そしたら、あいつも怒らなかっただろうし、

あの人も傷つかなかっただろうな。とか、

回想しながら。

 

 

死ぬ迄、研ぎ澄まされて生きたい。

愛を。教えてくれ。

 

f:id:s-seidai0509:20170821170344j:image

 

f:id:s-seidai0509:20170821170357j:image

 

f:id:s-seidai0509:20170821170408j:image

 

f:id:s-seidai0509:20170821170429j:image

 

f:id:s-seidai0509:20170821170449j:image 

 

孤独 と 一人 と 皆 と 一人称。


彼女と別れ、僕は何が変わったかと言ったら、
余計、物を食べれなくなったし、
薬の種類が一切合切、変わった。

それは彼女と別れ、乱れて、というわけでもなく、
ある日から勝手に自ら乱れ、そのタイミングで、
彼女とも、もう「互いに互いだな」となった。だけの話である。

そこから、僕は孤独って言葉と一人って言葉について、
馬鹿だから、またもや論理的に考え出してしまった。

孤独は多分、どこまでいっても、
誰といても、いつでも孤独は孤独。

その孤独を癒す為にというか、
柔らかくする為に、他人がいる。

他人という言葉のニュアンスと
孤独という言葉のニュアンスは似ている。きがする。

他人と混ざり合うと、
多分、それは孤独から、
一人 という言葉に呼び方が変わる。

そしたら、僕、君、お前、あなた、私、
という風に一人称が増える。

さしたら、それはもう一人ではなく、
みんなになっている。

素敵なことだと思った。
どんな場でもだ。
行きたくないバイト先でも、
嫌いな上司や先輩や友達でも、
人間は孤独にはなりきれないのだ。

だが、しかし、
僕は生まれてこの方、生粋の、
寂しがりやで、夜が夜になる程、
僕はドンドン孤独ってやつに
飲み込まれて行く気配がする。

孤独じゃないってわかってるのに、
孤独だよ、お前は。と冷静に肩を叩いてくる奴がいる。
多分、俺の中の俺だろう。幼少期のお前だろう?

知ってんだよな。お前の思考もルールもプロセスもよ。もう好い加減予想じゃないか。と、毎晩、そいつと悶着を重ねる。疲れ果てる。こっぴどく心労である。それのゴールは所謂、鬱って呼ばれるモノに属してくる。

それを毎晩、毎晩、繰り返し、
最近なんて特に酷く、誰かと会わなかった日や話さなかった日なんて62時間ぐらい目覚めっぱなしで、その大半の僕からの視線はコーヒー牛乳とタバコと天井と壁だったりする。

経ってから自分の愚かさに萎えて、疲れ果ててることに気付き意識を失うように眠り、何月何日の何時なのか分からない状態で目覚め、さして、体調も具合の悪さも尋常ではない。

僕、一人で、思った。
やっぱり寂しいものは寂しいな。と。

このブログの記事を遡って読んでみると、

僕は大丈夫だ。今の人達がいて、今の場所があれば幼少期以上の悲しみはやって来ないだろうと。手記している、確かに。


全くもって、その通りだと、今日、振り返って思った。
しかし、1つ違うんだ、今と。

確かに、大丈夫だ。
僕は人に力を沢山、貰っているし、
それに応えようと、もう暫く生きてみよう。と、
心に決めた。いつまでかは分からぬけど。

でもさ、もう良くないか。とも思った。
孤独にも一人にも慣れる必要もないんじゃない?と
思った。3歳ぐらいから、放任主義、悪く言えば育児放棄状態で育った私、そりゃ寂しがりや、な訳ないじゃないですか。まぁ知らない人多いから、しゃあないし、何を意気揚々とこんな事を書いてるんだ、この馬鹿は。状態に自分で今、気付きましたけれども。

孤独になれる必要も、
寂しいを隠す必要も、
その為たちの、
なんていうか
道化というか、
虚勢だったりって、
もういいんじゃないの、私。

もういいよね?今の僕も幼少のお前も。

素直に、純粋に。に変更ですよ。
他者に迷惑かけない程度でね。


外は雨降り模様。急いで洗濯物を取り込んだ。
四畳半の家にポツリとアイフォンと僕。
畳まれずに置かれたままの洗濯物達。

これを畳み終わったら寝よう。
一人。寂しく寝よう。

ソフレ。という存在の意義が分かった。
以上。

イッツ アスモール ワールド

[イッツ ア スモール ワールド ]



自己嫌悪の星の中で、今日も誰かを求めてる。
承認欲求の星の下で、誰かが勝手に救われている。


死ぬほど生温い風の中で、今日も誰かを救ってる。
スポットライトに騙されながら、
今日も嘯き、歌ってる、笑ってる。


30秒しか見れないTwitter
ドンドン拡がるFacebook

30秒で分かりきるTwitter
同級生の恋愛Facebook is Fuck,Fuck!!



イッツアスモールワールド
1つの言葉で.髭を剃り髪を切る。スモールワールド。

イッツアスモールワールド
光の先には闇が有る、逆も然り。スモールワールド。


600冊の純文学、数十分の違和感。
600円でコーヒーと煙草。
俺は今日も

生き延ばされている。



イッツアスモールワールド
死ぬこともできず、ガタガタ震えて。

イッツアスモールワールド
寒かったからさ、エアコンを消して、外に出た、
スモールワールド


爆発的なサビが歌いたい。納得できる言葉で。
超絶的なリフを鳴らしたい。小さな世界が消えるように。

自己嫌悪、承認欲求。確信的な言葉は置いて行こう。
SNS、純文学、スマートフォン、現代的なモノは置いてこよう。 置いてこよう。

死神とダンス、ずっとダンス。

エコ ユウタイ リダツ

つっかえ棒の片方のゴム
が無くなかった感じ。
長さは調節できるんだけど、
本気を出して無理をすれば、
その隙間に埋めれることもできるんだろうけど。

天秤とかとも違って。
寝て起きたら、確実に置いてた煙草がいつの間にか吸ってしまって居て無くなっていた不安感よりも、最早、買いたての銘柄すら変わってる煙草が馴染みのないライターと置いてある感じ。というか、この誰の家だっけ。

というよな気色の悪い居心地が悪い感じ。
部屋で1人でいると、漠然と心がソワソワしだして、
何かできるわけでもないのに、
そこからも動けないのに、脳と心だけが、僕のカラダからは、かけ離れっていって、僕を置き去りにしてしまう。カラダだけ残された僕は、脳とこころの残りカスだけで、物事を超極端自己中心的消極性論理を使って体育座りをして壁を見つめている。

下界に出たら異空間、非日常なのに、
この下荒田の四畳半に戻ってくると、
昨日の飲み会の喧騒も、さっきまでの練習での僕等の曲も、スタジオの人が僕に少しばかり注意したことも、物凄く他人事に感じていって、なんだか、なんでも、どうでもよくなってきて、毛穴からドンドンどす黒い悪い泥に塗れた虫が出てくる感覚。のまま体育座りで1日の大半を壁や天井を見ながら、過ごす。家では冷蔵庫と冷房の起動音しかしていない。それが終わったら、かけ離れっていった脳と心が戻ってきて、いよいよ始まる。

もっと大きいアイツやってくる。
しかも、その大きさ日によって違うし、
属性も体格も重みも違うんだ。所謂、
来るまでは分からないけど、
それが怖いんだよね、逆に。

ついでに言えば来ると思ってたのに来ないときすらある。
でも、とにかく、あいつはやばいんだ。最近は、とことん暴れて回って散らかして壊して帰っていく。そいつを倒すヒーローの名は知っているが、呼んでも来ないし、まだ呼ぶ声の力すらない。

牛乳とチーズを買いに行きたいんだけど、
もう怖いから、一通りの処方薬を飲み、
あいつが来る前に寝ることにした。

夢で会えたら、まだ大丈夫だし、
夢の方が会わない確率も高ければ、
素敵な夢で終わる可能性もある。

眠ることは大事らしい。
眠れますように。

今の為の、今迄だったのだね。

今年、25歳。
1番、古い記憶は3歳。
理由は分からなかったが、
名字が変わったことと、サンタさんの鈴の音の
幻聴を聞いた事、タイヨー銀座店近くのアパートに住んでいて、夜中、いつの間にか消えた親を泣きながら、天文館中を探し回った記憶。

強く鮮烈に残ってる記憶。
朝、目覚めたら、両親が家にいなく、
妹の号泣の声で目覚め、リビングに行くと、
乳飲み子の妹は腹を空かし、その年では絶対に手の届かない所にあるチョコレートを手にし、口の周り、チョコレートでグチャグチャにしながら、ママー、ママー、と泣き叫んでた姿。僕も涙止まらなくなってギュッと抱きしめた記憶。未だに夢に見るし、大人になっても誰かが一緒に寝てて、その人が起きたら怖くなって、目覚めて、何処に行くの?と聞いてしまうぐらいのトラウマ。(絶景の歌詞の「泣いてた、妹。」はこの記憶から。)

僕は母が嫌いだった。
貧乏だったのだろうけど、
見栄っ張りで貧乏とは思わなかった幼少期。
でも、僕に対する態度は母親というより女性。
女性というより女。なんで私は女なのに私の気持ちがわからないの。あなた男でしょ。僕が言うのも悪い気がするけど、
身持ちも悪く、男を見る目もなかったし、すぐヒステリーを起こし、己の全てを正当化する天才。認識は、女性。僕の人生で1番、嫌いな女性という認識。でも、生かされた。

その人が僕に残した言葉。残ってる言葉が2つ。

●貴方は優しい。だから、きっと良い旦那さんになれる。だから、自分が好きな人にはずっと優しくいなさいね。

●貴方は詐欺師だ。だから、これからもずっと、人を騙していきて行くに違いない。あんたの本当の父親と何も変わらない。(先ず会ったこともない父親)

その2つの言葉は鮮烈に僕の思春期に強く残り、卑屈で、何かに誰かに後ろめたい気持ちが消えないまま、今まで生きてきた。発達やらアスペやらあだ名がついた。ある程度の常識や、たまに会う祖母か、テレビで培った。料理番組とNHK「ひとりでできるもん」とボキャブラ天国内村プロデュース、ワンナイロックンロールと、深夜枠のはねるの扉。

反抗したことは一度もなかった、
高校を辞めるときに、バンドをして行く。
勘当する。勝手にしてくれ。今までの鬱憤、憎しみ、悲しみを全て伝えてしまった。向こうがバレてないと思ってたことも俺は知っていて、それも上げ足を取るように気づいてるんだぞ。なぜ、俺が音楽に救いを求めてるか考えろ。と叫んだ。ヒステリーな母親は家中のものを投げまくった。俺はそれを拾って、叩きつけたり、蹴り割ったり、全てを破壊した。16歳だった。家を出た。居候して、バイトを始めた。世間も常識も行儀も何も知らない僕を、バイト先とバンド界の大人たちは威圧的ながらも教えてくれた。俺は常識を知らないことも知らなかった。相当、勘違いしていて生意気で口だけ達者で、詐欺師だから、別に嫌われる前に嫌われに行ってやるわ。

けど、音楽と純文学だけは僕を裏切らなかった。逃避させてくれた。のめり込める。一瞬で、その人に慣れる。

僕はトラウマが極端に多い。チョコレートが食えなかったのも、睡眠障害になったのも、人の家、実家、家庭が嫌いだったのも原因がある。

発達、発達。と呼ばれだした。
仲の良い人は僕を病気として扱ってくれていた。
それに慣れすぎていて、性格なのか本当にそうなのかの境目は俺には分からなかった。

17歳になり、まだ詐欺師感覚が強い俺は、1つのものを追い求め始めた。母性、女性だった。けれど、1番の強いイメージは母親で元々、人を馬鹿にしがちな性格な上、女性にはそれが色濃く出て、しかも人との距離感の取り方はテレビも他人も教えてくれなかった。メンヘラと呼ばれた。メンヘラと呼ばれる人が集まった。僕は乳が好きだった。母性の具現化されたものが乳だと未だに思っている。

沢山の人と交際した。セックスもした。
10代、寂しかった。とにかく。誰でも良かった。
そのぶん、ひたすらに女性を傷つけた。
そして、得意の逃げグセで逃げ回った。
悪い噂はすぐ広まる。干された。怒られた。殴られた。

みんなもしてるくせに。しか思ってなかった。
19歳になり、セックスに飽きた。虚しさしか残らなかった。しっかりとした恋愛もできなかった。しかし、19歳から4年半付き合った彼女がいて、変な女の子で、凄く傷付けたし、僕も困惑に困惑を重ね、もう普通が普通ではなくなり、その子が僕の常識となった。けど、セックスレスもあり、病を抱えた彼女に僕はどうする事もできず、酷く冷たく当たり続け、彼女は僕に、唯一無二でないなら。と問われた。違う。と答えた。別れた。洒落にならないぐらいの酷い事をしたのに、彼女は僕に有難うという手紙を泣きながらポケットに入れ、僕はそれを振り返らず、別れた。

次の恋愛は、歳下だった。僕も駄目なくせに、僕はその子のダメな事を変えてほしいと願ったし、話しあう度、泣かせ傷つけた。その度、僕は鬱になり、仕事に行かなくなり、ひたすら布団で寝ていた。彼女はそれを何も言わず、見ていた。働いていた。募る罪悪感。死のうとしたり、急に消えたりを繰り返した。彼女は最後まで僕を心配してくれた。けど、僕はまだ変わってほしいと願い続け、言い続け、でも、僕も生活は変えれなかったが、思想は変わり続けた。その子のお陰も無論、強く、変なパワーに溢れる時期、周囲の仲間入りをした。

僕はそこで出会った。初めての浮気をしてしまった。
家に帰らなくなり、バイト先や先輩の家や、その浮気相手の車で寝ていた。彼女からラインがきた。いつ振るんですか?

何ヶ月ぶりかに対面して、話したい事を話したわ向こうは全てに気づいていたにも関わらず、泣き続けるだけで、僕に何も言わなかった。言えなかったのだろう。悲しすぎて。その子は今、幸せの最中だろう。

僕と別れた女性はみんな次の男性と本当に長く続く。それを知るたびに、俺はどれだけ酷い奴だったんだろう。と振り返るが時、すでに遅し。けど、僕は母性を探し続けた。両親にとにかく愛されて生きてきた人が好きだった。もう母性が知らぬうちに備わってるからだ。

俺のイメージは最悪なのに、人伝で聞いた面白いらしい俺の人生を聞きたいという興味本位で飲みに誘ってきた女の子がいた。僕はその子と飲んだ。鉄板ネタみたいな僕の過去や家庭の話をした。

人生で初めて爆笑してくれた女性だった。僕が引くほど笑われた。一瞬だった。そして、その子は感覚が鋭く、僕には無い感覚しか持ち合わせてなかった。僕の嫌いな、実家という場所にも連れてってくれた。僕の人生の答えあわせが始まったし、僕が知らなかった事、怖くて見て見ぬ振りしてきた全てに、提言や苦言を与え、僕はその子の為にと。今までより強く思った。嫌っていたワード、家庭、将来、幸せ、子供。というワードを恥かしげもなく、その子とは徐々に話せるようになった。

しかし、人生わからないもので、プレッシャーからなのか、単に僕の容量不足なのかわからないけど心身を壊した。普通にできてたことができなくなった。その子の将来設計、僕の目標が一気に崩れだした。今までに無いほどの自己破棄精神が強くなり続ける数ヶ月。互いに構えなくなって、互いに無理をしていった。僕は考えた。優しさとは。気遣いとは。愛とは。大切とは。無事とは。けど、病気云々、元よりある性格も病気にかまけ、自分の中でテンヤワンヤにした。

そこで沢山の大人達が僕に少しずつ常識やヒントやキッカケを教えてくれた。様々な場所で、様々な形で。

僕はその子と別れた。理由は、まだ今は書けない。
でも、またいつか書くのであろう。

本当にその人の大切さがわかったときに。

本当に勝手なことかも知れないし、本人達が読んでたら怒り狂うかも知れないけど、僕は今になって、19歳から付き合ってくれた人たちの別れ際の思いや僕への考慮や優しさに気付けました。口ばかり達者でマトモに大切にしてあげられなかったのに、こんなこと言うのも申し訳ないけど、

良い意味でも悪い意味でも、
今の為の今迄だったのか。
と思い続けています。感謝しています。



変えられないものも大切にできるように、
変わっていくしかないのだと思いました。

出来る限り、1人の、己の力で。


申し訳ない。に他の感情が勝ったことは女性は特に人にも感じたことがない。感謝があっても、凄い勢いで罪悪感がそれを追いかけてくる。


けど、みんな共通して、僕に教えてくれたことは、僕が知らなかったことを教えてくれたことでした。これも様々な形で、様々な場所で、様々な表現で。


今のこの気持ちを僕は文にできないけど、
本当にありがとうございました。


生きれる限り生きてみます。



3人、19歳までの沢山の女性達も、どうか幸せに。僕も誰かを幸せにできる人間になれるよう努めます。


本当に、有難うございました。

8月

記憶が鮮明に残っている4月から5月が、
あっという間に去り、
苦しめば苦しむほど、かまけて見られた泪の、
6月と7月が、知らぬ間に去り行き、
いつの間にか8月が来た。大きな台風も連れて。
鹿児島感のある夏。といえば、そんな感じ。

やはり福岡から帰ってきて、
外を出歩く気にはならず、外の世界の様子は、
ちとばかり分からないけど、午前1時現在、
昨日から体調というか諸々が悪く、
早めに眠りに就いたが、連続の同じ結末の悪夢で
寝ては起き寝ては起きを繰り返し今。午前1時過ぎ。

轟々と風が吹き、四畳半の立て付けの悪い窓を揺らし、それを気にも止めず、飼ってるハムスターはカラカラと回り続けてる。君になりたいよ。無心で餌を待ち、カラカラと無心に回り続ける。あ、変わらないか。今の僕と。いや、失礼、
まだ自分では理由もわからずも、カラカラと回り続けてる君の方が僕より偉いかもね。詫びる。

良いライブを観に行った、この間。
安定剤でゴリゴリに固まった心を熱くしてしまうぐらいのロックバンド達のライブ。何も変わらなかったけど、凄く鮮烈に心に直接、触ってこようとしてきて、驚いてしまったよ。だから、あれから5日経ったけど、あの日のライブハウスの光景、喋りかけられた嫌な言葉、素敵な言葉、何回も思い出す。

僕も馳せている。自分のライブに。
次は18日。僕よりも勢いのある若いバンドが来るらしい。そんなのは、正直、本音を言えば、どうでもいい。ごめんなさい。僕は縋っている。求めている。自分のライブや音楽が1番、自分を確かめてくれるし、自分を救ってくれる。それを観てた人たちが、なんやかんやの匙加減で賛否する。凄く素敵なことだと思う。そこには、互いに、音楽(共通の媒体)が好きという概念がある以上、お金も発生している以上、有っておかしくない、いや、むしろ、蔑ろにすべきでなく、あり得なければならない部分である。

鹿児島は少ないけれどバンドマンより、それが純なお客さんだったら尚更。だよ。でも、鹿児島とか宮崎の人とかシャイだから、あまり何も言ってくれなかったりするけど、曲が、その人達に触れた以上は僕等は一先ず、有難い。そこから何を思って生きるか、明日の朝には忘れられてるかは、それこそ自由。そういう意味でルールはない。履き違えてる人、多いけど。音楽にルールがないのは精神的部分が大半を占めてるからね。勘違いしちゃいけないよ。


診断書の言葉や検査の数値は信じられるのによ、
想いってのがあるからよ、本当に思ってくれてる人たちの言葉は、一旦、フィルターかけちゃうのは良くないよな。まぁ出来ないんだけど。大切の仕方、いつ分かるかな。

ある日を境に、僕、ある人に、凄く軽薄な感情を覚えてしまい、今、そことの矛盾に悩まされてますけど、また曲ができそうなんで、一旦、見て見ぬフリしておきます。仕方ない。という言葉のパワーは、プロセスと芯のある理由があれば、最強ですからね。

ここまで15分程度、経過。腹が痛い。
なかなか書きたいこと書ききれた気がする。

九州の皆様、台風、津波、土砂などに
お気をつけ下さい。知らぬうちに人は死んでたよ。

また。深夜のブログ、読んでくれて、ありがとう。