島崎清大の「来たる未来。」

島崎清大のブログ。の様なモノ。

あかつき

 

三日三晩、飲まず食わず、全く寝ず、

睡眠薬の量だけが増えて行く一方で、

大切なものや人の顔は薄れて行く毎日。

 

心を亡くして忙しいと書くとは、

よく言ったもので、僕の日常に、

失われて行く物はカ数えきれない。

大切な人の手の温度や表情も思い出せぬ連続。

 

然し、「それが日常(社会)だよ。」と

人々は僕に教えを請う。

 

僕はそのバランスと日々の心のバランスに

嫌気が刺して引きこもってばかりいる。

 

そんな日常の中で誘われた

WORD UP のオープンマイク。

アメリカのガレージのような雰囲気で

誰もが歌って、誰もが笑う。

金は無いけど、なんでか酒は進む。

感謝。

 

県外から来た人なんて

ギャラも貰えずCDも売れず、

地獄の1日でしか無いけれど

音楽に直向きに出会えるのは

こういう日々の連続だと思う。

 

僕は最近、情報の連続と錯綜と友達の朗々に心を奪われすぎて、何もかもやる気を失くし、もう変えてしまおうかな心持ちだったけれど、やはりラフに楽しめる音楽は素晴らしい。そして、歌うのも楽しい。

 

バンドを始めて10年の月日が経った。

周りは平成最後という言葉を起点に

目の回るスピードで動き出している。

 

俺はそこで何を思うか。そこで何ができるか。

がんじがらめの日々は漠然と続く。

 

しかし、僕は純に君を応援している。

曲もできている。

 

生活も音楽も金も女性も、

前向きに向き合って行きたい。

 

酔った。かわなべひろき、サンキュー、