島崎清大の「来たる未来。」

島崎清大のブログ。の様なモノ。

年末

 

右に行こうとする心を左に捻じ曲げ、

左に行こうとする心を右に捻じ曲げ、

捻くれた性格や思想を、出来る限り、

誰にも迷惑をかけないように、

真っ直ぐ、無垢に、向くように、無理矢理、

調整してきたつもりだった。

 

しかし、君への後ろめたさや、

僕の情けなさが、消えるわけではなく、

穏やかな表情での生活や、

楽しそうに笑顔でするライブを、

認めてくれない人は少なくはない。

 

僕は後悔は少ないけれど、

相反して正解も多くはない。

 

年末に漂う、日頃よりも強く感じる忙しさや、

何日に帰るよ。なんて、言う家族のやりとりを、

僕は未だに直視できずにいる。

 

恋人や家族は尊い。 

 

それに、漸く、気付いたのは、この一年だった。

なのに、想いや思想に伴う生活を送れずにいる。

 

噛み締めた歯ぎしりで、奥歯は磨り減り、

生活の何にも実感が湧かず、噛み切ろうとした、

舌に、傷跡だけは、残った。

 

セーターを脱ごうとした際の静電気による火花は、

冬の晴天の夜の星と何ら変わらなかった。

分かるかい?

 

君の隣で寝ていた温もりを、今夜も思い出し、

一人で包まった、ヤニ臭い毛布の中、

僕は粒々と涙を流し、君を想った。

 

良い一年だったと思います。

 

傷つけた人は数知れないし、

自身、救われた人も少なくはない。

というか、数えきれない。

 

正直、来年になったら、

この濃霧を素早く振り払えるとは

思ってはいない。一切。

 

正しい月と書いて正月になる。

正すのか、正されるのか、は分からないが、

正月で、諸々と固めたい。

 

純に、

今年も生きててよかったし、

また来年も生きていたい。

そして、この一年を、形変えて、返したい。

 

 

僕に関わってくださった、多くの皆様、

本当にありがとうございました。

 

また来年も、こんな僕ですが、

宜しくお願い致します。

 

良い、お年を。