島崎清大の「来たる未来。」

島崎清大のブログ。の様なモノ。

下荒田4丁目21-3

 

酔いに任せた君への容易な発言は、

次の日の気怠さと昨夜の自分との寒暖差に、

身を震わせるかの如く、

何も出来なかった今日への虚無と後悔から、

自分の愚直さに手ぶらで直面します。

 

僕はずっと君の言葉だけを期待し、待って、

自分で自分を誤魔化し、震える手で、

此処みたいな、過去みたいな安い場所に、

糞の足しにもならな文章を起こすのでした。

 

比較だけは、よくない。

ひけらかす事は、よくない。

出来るだけ、装ったほうがいい。という、

助言も軽く消え去るほど安易な毎日ではなく、

こんなに寒いというのに、微温湯の様な日々を、

幅の生まれぬ日々を生活しています。

 

君への言葉を容易に残すよりは、

生活に反映される行動を取るべき。だと、

毎日、自負はしております。

 

年が暮れます。また歳を取ります。

 

君の疲労を以っても変えられぬ僕の日々を、

僕自身で変えれるような人間になりたいです。

 

過去の家庭の苦役や苦汁を、

出来る限り、君との日々の中で、

見えぬように生活できるように。

 

願うだけじゃ始まらない。

残すだけじゃ意味がない。

 

来年は明るい生活を。