島崎清大の「来たる未来。」

島崎清大のブログ。の様なモノ。

進めてたRPGだけは既に佳境。

 

誰に対してか、

全く見当もつかない罪悪感に、

押し潰されそうになりながら、

ほぼ一歩も外に出なかった数日。

 

人生なんて、

比較するものではないと言われるが、

何かに傾いてないと、自分というものが、

何者なのか見つからないので、

苦しくても比較をしてしまう。

 

全く連絡の音沙汰なかった友人から届いた、

結婚式の招待状。次は先輩ではなく、

同じ歳の友人だ。暫く顔も見てない。し、

声も聞いてない。恐らく、行くだろう。

 

予定がないと、いつでも、どこでも、

くたばってしまいたくなる。

 

けど、ハムスターの餌を変える度に、

なんとなく、その生命力に惹かれ、

死ぬまい。と単純な発想から、

死んだとて。と複雑な思考まで行き着く。

 

泣きつく場所は、もう、

近くには見当たらない。

 

みんな、それぞれの山を登るのに必死で、

土石流が発生しても、それぞれの護り方で、

必至に耐え忍んでいる。

 

僕のザラザラな心は、今の所、

飼ってるハムスターより弱い、確実に。

 

明日は久しぶりに鹿児島で弾き語りをする。

なんだか怖くて震えている。

今更ながら、受け容れてもらえるだろうか。

なんて、気にしている。

もうそんな時期でもないのに。

 

進めてるRPGはもう佳境だ。

終わりが見えてるものは、

少なくとも悲しい。

 

部屋の隙間を埋めるように、

ずっとテレビをつけるか、

ラジオをつけるかして、

お笑い芸人の声を聞いている。

 

その声達に、含み笑いにもならぬ、笑み。

何かに、ほくそ笑んで、日々を濁らしている。

 

約束を疎かにばかりしている。

人に。どう?って聞かれても、

次第に何も答えられなくなってる。

 

家で1人、少し弱めに呟く、

助けて。と。

 

何にか、誰にか、わからないけど、

 

救いを。