島崎清大の「来たる未来。」

島崎清大のブログ。の様なモノ。

お前は失礼な奴だ。と叱られる為の文章。

 

未来に対して、

最早、明日、明後日に対しても、

僕は確信を持って約束できることがない。

 

どうしたらいいのだろう。

 

人に対して、恋人や恋人の親に対して、

事を成し遂げようとするメンバーや仲間に対して、

僕は只管に後ろめたさを感じている。

 

邪魔。とまでは言われきれなくても、

僕にその思想が強く残る限り、

囲む人達も戸惑い疲労し、

どうすることもできないだろうから。

 

僕は逃げたい。と思う。

夜がやってきたら特にだ。

此処まで救われて助けられて愛されたのに、

逃げたい。この漠然とした不安から、

逃げたい、というのは、死にたい。だ。

 

どうやったら楽に死ねて、

出来る限り人に迷惑をかけないかを考え、

疲れ果てたと同時に薬が効いてきて眠る。

 

死ねずに起きる。

 

生きてしまった。生かされた今日がやってくる。

それを恩返しする気力もない僕は、

また本を手に取り、曖昧な自己投影を重ね、

本を閉じた瞬間に現実がやってきて、

何も考えまい。と、また眠る。

 

眠りとは死に1番、近い状態らしい。

だから、睡眠が大事だと言われる。

頭も心も休むから。でも、僕の場合、

併発してるPTSDもあり、寝つきも寝起きも悪く、

然程、変わらない。眠ってるほうが生活してるよりは楽。

 

そんな現状、感情のニンゲンを、

優しく包み込もうなんて、

愛されたいなんて、我儘が過ぎる。

 

真面目。だと僕に言う人がいる。

嫌味かなと思う。

 

人は優しさと愛だけでは、

付き合っていけないのだ。

 

それをしっかりと様々な場所で

目撃してない、愛され方も愛し方も

知らなかったから、優しい人で在る。ということだけが僕の価値だと思ってたが、俺より優しい奴なんて死ぬほどいる。

 

でも、あなたは今、それで

仕方ないと。また君は君に嘘を吐いて、

周りにもそうですね。と同意して

無理に仕事に行き、疲弊して帰宅し、

また僕のことで悩む。重荷以外の何になり得るのだろうか。

 

死に近い眠り、よりも

眠りに近い死。をください。