読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島崎清大の「来たる未来。」

島崎清大のブログ。の様なモノ。

来たる未来、幼少の果て、今、満身。それは絶景。

 

誕生日というものを僕も迎えました。

多くのラインやSNS、そして、

直接的に、祝いや感謝の言葉をくれた方々、

本当にありがとうございます。

 

年齢云々とやらは、

1つ前の記事に書いているので、

もう良しとして。

 

今日は驚くぐらいの晴天で、

彼女の起床時間と共に目覚め、

朝食を食べ、仕事に見送り、

溜まっていた大量の洗濯物を干し終えた。

 

何をしよう。

僕の日々なんて別に何もしないでいれるけど、

忘れる。という行為だけはしたくないから、

洗濯物のように溜まっていた日記(これとは別)や、

このブログでも書こうかと携帯を手にしたのです。

 

5.7(日)ライブがあった。

WALK INN FESを観た先輩達が、

僕らの手でも身近な場所に、その熱を少しでも、

FESに繋がるように、まぁ所謂、

「僕等の未来に繋がる」ように立ち上げた

YES FUTURE!と言う名のイベント。

 

そのイベントでツアーを組んだ2組の先輩達。

 

熊本は水俣

鹿児島は枕崎、鹿屋、志布志と、

ツアーを周り、あらゆることを学び、

帰ってきた2バンドと、僕らも含む鹿児島市内のバンドマン諸君。

 

それのファイナルがあった。

「未来」と言う言葉の意味は、

みんな、きっと、もう大体わかってる。

「わからないってことがわかってる。」

それが、恐らく、未来。

 

じゃあ、「YESの意味は?」と、

ライブ当日までに、

ワクワクやドキドキだけで終わらせぬべく、

頭捻ってた。僕は僕なりの答えを出した。

それの過程と詳しい説明を出番前に、

メンバーに強要に近い共有するべく話した。

二人、皆まで言うな。と笑ってた。僕も笑った。

 

鹿屋のみるきー#が終わり、

僕等の出番だった。演奏や曲の話はいい。

とりあえず、その考えてたことの答えを僕は話した。

そこから、またライブを続けた。

ライブは終わった。

 

綺麗な目と大きな拍手の音は、

 今でも覚えてる。

 

この空白の何ヶ月間かの間、

僕は人に力を借りながら、そして、貰いながらも、

独りよがり、我が事に必死だったのだと気付いた。

 

けど、4月の水俣でのライブから何か違った。

 

僕も誰かに何かを。と、少なからず考えていた。

無意識の意識の中。 

 

不透明な先行きの中、僕に

様々な形で純なものをくれる人達は多く、

たまには叱咤、そして、激励。

笑顔、涙、ハグ。

 

この経験や環境は僕だけで終わらせてはいけないと思った。

震災、復興、マイナスからゼロを、1からゼロを。

 

そんなに難しい場所に僕はまだ立てなくても、

隣人だけでも、これを繋げれたら。と。

 

今しかできないかもしれない。

また、やさぐれて、しなくなるかもしれない。

わからないけど、今は本気でできる。

 

あいつ変わったよな、無理してんじゃね?

綺麗事ばかりじゃない?

とか言われ出したら、最高。逆境、最高。

 

ルーツや俺のバッググラウンドは、

好きな人にしか教えないからね。

言わずもがな、見通してくれる人もいる。

 

様々な形の悪意や、様々な形の優しさがある。

だから、どちらが、どちらなのかも、

わからなくなってしまう時もあるだろう。

 

それでいいだろう。そんなものだろう。

 

 

5月9日に僕は誕生日を迎えた。

前日の発熱から始まり、なんだか、

ぬるっと歳を跨いだ気がしたが、

24歳は良い年だったよ。何はともあれ。

 

 

 

25歳の僕からなんかでも、

1つか2つ言える事があるならば、

 

「YES」の意味は「大丈夫」

 

「大丈夫だよ。と言い合える関係」は

 

きっと、「大切」という意味。

 

 

 

水俣で次に僕の中で課題として、出てくるだろうと思ってた、その答えが出たね、早速。

(.気付くの遅すぎたぐらいなんだろうけど。)

 

 

 

「頑張れ」なんて言えないな、今の僕。

「無理なく。」とも言えないな。けど、

 

「無理してる自分には気付きなさいね。

無理を無理と思わないのは強さではないよ。

気付いた時には誰の目も気にせず泣いたり笑ったり怒ったりして、その後、散々、眠って、休んでください。あなたが壊れる前に。」

 

とは思いますし言えます。経験則です。

 

25歳になっちゃった。

歳月にすら追いつけてない僕が、

25歳まで、生きてきた。

人に囲まれたから。手を差し伸べてくれたから。

 

だから、僕も25歳だから、

誰か近くの人に、

少しでも手を差し伸べれたらと思う。

 

解決してない問題、見て見ぬ振りしてる問題、

消せぬ過去、消えぬ疑念。借金の額。

周りから見たら僕にはありすぎるだろう。でも、

取り敢えず、込みでいいから、話しかけてください。

なんか話しましょう。噂とかになる前に、

目と目を見て話しましょう。

 

これからも宜しくお願い致します。

 

おめでとう。と、沢山の人が言ってくれる曜日が

一年に一回あるのならば、

何がめでたくないわけがあろうか。

否、めでたすぎる。一先ず。

 

しばらくまだ休もう。まだなんか疲れてる。

 

 

もう直ぐ鹿児島でフェスあるってよ、みんな。

また何か問題と答えが出そうだね。多くの。

おいでね。

 

f:id:s-seidai0509:20170511104416p:image

 

 

f:id:s-seidai0509:20170511104424j:image

 

f:id:s-seidai0509:20170511104459j:image

 

f:id:s-seidai0509:20170511104513j:image

 

f:id:s-seidai0509:20170511104531j:image

 

f:id:s-seidai0509:20170511104550j:image