読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島崎清大の「来たる未来。」

島崎清大のブログ。の様なモノ。

誕生日の友人が2人、子供の日。

 

世間はGWという真面目に生きてる

正社員という名の尊敬すべき人たち、

しかも、そこそこのしっかりした勤め所ならば、

本当にゴールデンなウィークで、

遠出したり、日々の中、できなかったことを、

取り戻している人もいることだろう。

 

逆にサービス業と言われる職業や、

本当は働きたくない若いバンドマン達は、

なにがゴールデンウィークじゃい。と、

腹を立てているかもしれないし、

ゴールデンウィークが来た、こりゃ稼ぎ時や!

と、袖まくりして鼻息荒げてる人もおるかもしれない。

 

ということを毎日がゴールデンウィークみたいな

状態の俺が馬鹿みたいに偉そうに記しているのも、

気にくわないね、全く。僕自身がそうだから、

読者もきっと同じ要領だろうね。

 

でも、今日は子供の日。5月5日。

今日、誕生日の大好きな僕の友人が2人もいる。

23歳になる男と25歳になる男だ。

どちらも、もう長い付き合いになる。

まだそんなに長く生きてないのに、

長い付き合いってことは、僕としては、

とても濃い付き合いってことになる。

 

 

●ここからはあくまで、

僕の人生の経験則や周囲を見渡しての見解、

大好きな大人達から頂いた言葉の咀嚼物、つまり、

超持論になります故、若造が何を偉そうに、など、

憤慨する方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかも人間、みんな、別。人それぞれ、

個人差。って言葉を使うと、面白みがないので、

それは度外視しましょうよ、互いに今日だけ。

 

僕もまだ24年間しか生きてきてないので、

その中で貰った言葉、気付いたことだけを

記してるだけなので、ご注意ください。

 

●賛否両論あるでしょう、そりゃ。

賛も否もコメントより会った際、又は電話、

sonohigurashi2015@gmail.com宛の

個人的連絡で頂けたら幸いです。

※できるだけ、優しい言葉尻で、お願いします。

 

 

●23歳。

18-22歳ぐらいまでは大体の人がマージナルマンだ。

思春期を経て青年期に突入し、短大に行くか

大学に行くか、専門学校か、

それか目的の為にどんな形であれ働き出すか。

 

友人だった人々も様々な場所へ行き、

様々な方向性へと変わって行く。

 

ある程度の教育過程を終え、

厨二病高二病やら思春期を終えたものの、

しかし、それらの名残の物事や人々への多感期や、

心中の悶々や、性欲だけは、グイグイと、伸びて行く。今までとは少し勝手が違うからだ。

 

だから、22歳は問題が多発し、

それを、思案したり、

論理づけようとしたり、悩みが沢山だ。

もうこの世の終わりだ。と思う回数も、きっと、

生涯の中でも最も多いのではないだろうか。

 

●それを終え、23歳-24歳になると、

マージナルマンを経て青年期に突入する。

 

抱えていた問題、悩み、闇が、ふとした瞬間、

解け出したり、明るみに出たりする。

それは思考しまくったからだ。と自信になる。

(男女差とかもあるだろうが今回は✖︎)

だから、とても、調子付いて行く。

しかし、厄が訪れる。

(私個人的には厄とか迷信とかジンクスとか超信じる。)

 

まぁ。厄のせいなのか、なんなのか、

自分ではどうしようもない事件や問題も多発する。

そこで気づく、俺の持って来た自信なんて、

役に立たんのではないかと落ち込む。

 

そこで気付く。

こりゃ人の力を借りねばならん。

打算的だろうが純な感情だろうが、

人の力を必要とすることが、頻繁に増える。

 

そこで人の大切さを思い知り、

独りの難しさに気付かされる。

だから、傷つけたことにも敏感になり、

人の気持ちに気付けるようになったり、

自分らより歳上の方たちの話を、

本当の意味で聞けるようになる。

納得までも今までより早くなる。

尊敬の念も強くなる。感謝だ。と。

昔、嫌いだった大人が言ってた言葉すらも、

ある日、合点したりすることさえ、ある。

 

25歳に突入する友人。

僕と同じような人種で、

目的の為に、数々の物を蔑ろにしてきたり、

やはり受け皿が狭く溢れ出て、

覆水盆に返らずという言葉も知らぬ内に忘れ、

必死に両手使って水を盆に返そうと慌てだす。

 

うまいこと、というと

必死に働いてる方々に語弊があるかもしれないが、

 

僕とその友人のように、やるべきことやらず、

やりたいことだけをやって、

これが楽しいんだ、楽なんだと、

俺にはこれしかないんじゃと高を括り、

何処かに理由をつけて休息だと、

酒ばかり呑んでは酔い、互いの持論をドヤ顔で、

ぶつけ合い、あたかも大人のツラしてきた属性。

 

ではない方々は、しっかり働き、もう新卒も終わり、ある程度のお仕事も落ち着きつつあり、貯蓄なんかもあって、車の免許も、ましてや車も持ってたり、いつからか付き合ってた彼女と、あら結婚したりしたわ!

などと、SNSなんかでガンガンに知り出す。

焦りはせんが、ほう、こんな歳になったかなどと、

平静を装ってみたりして、あら、ほとほと情けない。

 

25歳っていう言葉がもう重い。馬鹿が。

4分の1世紀とかいうと、もう手に負えない。

青年期終わり大人に突入する。ということに、

見て見ぬフリしてたフリも、もうできなくなる。

こりゃいかん、誠に遺憾。

 

感謝の意味は殆ど分かり始めていた、はず。

しかし、大切の意味とやり方が分からぬ。

心と体と脳のバランス、思考論理経験哲学も、

ぐっちゃぐっちゃになること多し。困惑。

死にたくなる日も増えた気がする。

いや、気のせい気のせい。眠りつく。起きる。

日々は続く。その中で、

 

●だけど、僕等は思い出す、きっと。

 

孤独なんて風景だ友達だ。

後ろを振り返れば、

歪ながらも、しっかり自分の足跡の残りもあり、

右をチラッと見てみれば人がおり、

左をふと見たら、酒酌み交わした友がいる。

またもや俯き下を向いていても、見慣れた風景。

 

案外、楽チンかも、と。

人って勝手に生きていくんだな。と。

 

そこで、生きたいと強く願う。

 

生きてきた自信よりも、

恋人を失った悲しみよりも、

 

生きていたい、死にたくない。

誰かを愛したい、誰かに愛されたい。

願望を実現させるべく、また走り出す。

 

向かうべき場所は死に場所ではない、

皆、ルートも走り方もスピードも違うが、

その前のキリのいい10年後、35歳だ。

 

俺らが大好きで、お世話になりまくってる世代の、

その人たちみたいになれてるか。だ。

 

その時に、酒を飲んで友と管を巻いたこと、

その当時、信じた恋愛や愛した人の横顔、

この瞬間に、死ぬほど、悩んだことを、

あのとき、ああだった。と

「何でもないソレを思い出せるか」だけなんだ。

 

悩めてることに、答えがわかり出す前に、

俺ら、今、頑張ってるフリでなく、

それぞれ頑張ってる。と頑張ろうぜ。と、

言えるかどうかだけだ。

 

文字にすれば単純だが、

そうもいかない。だから、生きてる。

答えなんか見つからない。それこそ死ぬ瞬間。

だから、生きる、生きたい、悩む、もがく。

もがき方から探す。人と会う。

 

人に会うのが怖い時とかある。

誰とも会えない、誰と会っていいか分からん。

風呂に入る前の気だるさと変わらない。

風呂に入って後悔することなんて、殆どない。

 

沢山の大人たちが与えてくれるキッカケを、

スタートの合図として、走り出す。

ペースも走り方もスピードも、

一切、人と比較するものではない。

それをする奴は俺は嫌う。

僕を囲んでくれる人達の中には先ず居ない。

 

●大丈夫だ、俺も友も。確信なんかないけど。

まだ25歳だもん。核心も知らないもん。

これからのこと知らないんだもん。

生きててよかったね、生きてるね。

生きていこうね。革新していこうね。

 

 

お誕生日おめでとう!

僕と友達になってくれて、ありがとう!

 

 

というか、なんか今、偶々、躁で爽な想なんで、

それ以外の人々にも幸多からんことを。

心より。

 

 

長文、駄文、ご拝読、ありがとうございました。

 

ああ、楽しかった。自己満足で終わるかな?笑