島崎清大の「来たる未来。」

島崎清大のブログ。の様なモノ。

幼児還り。

 

 

だいぶ日が空いた。

酷い口臭と脇汗の匂いで目覚めた。

どんな導入薬が合うのか分からず変え続けているが

やはり眠りが浅い。その浅さと比例して、

悪夢を見る確率は高くなる。

 

この感情麻痺ミルフィーユの俺が

グワングワンと感情を客観的かつ他人事ながら、

揺らされた4月1日の水俣の1.5日間から約2週間経過しようとしている。それからの毎日は、あいもかわらず、

項垂れた日々の中、彼女の仕事からの帰りを待つだけの日々、そして、週末、彼女と何処かへ出かけるのを待望とする日々です。泣けなくなって、情けないな。

 

 

 

水俣は町も人も美しかった。

 

言葉そのまま。

純。だった。何もかも。

あそこを創り上げてきた人たち自身と、

その理由が、根から純であるからだろう。

 

鹿児島から共に行ったメンバーや先輩達は

とにかく自然な優しさを鹿児島に帰るまで

与え続けていた。気取らず、気負わせない優しさ。

 

あ、俺、鬱治ったんじゃね。と錯覚した。

水俣の皆様も先輩達もメンバーも本当にありがとうございました。

 

 

水俣から帰ってきてからは身体が動かず16時間ぐらい寝続けた。やはり、そんな感じかと自負。

 

 

とても優しい暖かい日々の中、

幼児還りのような感情になることが増えた。

思いやりのない、むしろ、責任感もない発言が増え、彼女を傷付ける回数が増えた。泣いていた。

ここまでしてもらってるのに、浅はかで安易な子供のような態度と発言。ただ拗ねてる。

振り返っても情けない。

 

 

雨と一人と自宅の相性が良くない。

また今週から病院と薬が変わる。

どうせ病名もまた変わる。そんなもんだ。

風邪が喉からなのか鼻からなのかぐらいの違いで、

遅かれ早かれかで、診断行くか行かないかの違い。

 

そう分かってるから自分を責めるが、

少しは開き直って休息したい。

そして、復帰したい。

少しずつ良くなってる。気がする。

 

 

 

雨ばかりだけど桜が咲いたし暖かくなってきた。

季節が移ろいでいくのは好きだ。君の服装が変わるのも楽しみだ。先は長い。