島崎清大の「来たる未来。」

島崎清大のブログ。の様なモノ。

夕日が沈む川とオレンジトレイン。

 

療養と言う名のを空白の期間を過ごしている。

その中で、今まで知らなかった世の形態や、

見て見ぬ振りしてきた、社会の常識を、

教えていただく日々。人の優しさに触れている。

 

療養とは言え、何もせぬ、この日々と、

少しずつ落ち着いて行くメンタルと、

麻痺して行く脳の片隅には、違和感を覚える。

 

普通の人が普通に歩く。

俺も普通を手にする為に此処にいるのだろうか。

 

けれど、彼女は言う。

今はそれでいい。今はそれは要らないよ。と。

 

少しだけ安心しているのか、また見て見ぬ振りするのかは分からないが、僕は明日も彼女も求めてるから従う。人と隣で眠れる日々の大事さと、起きる瞬間の愛おしさを約25年間で最大に感じている。

 

僕が好きな人たちは、

僕に、最後は、死ぬなよ。生きろよ。と言ってくれる。それだけで僕は笑顔でいれる。

 

珈琲と煙草と何でもない映画と

少しの勉強と、ドラゴンクエストと、

彼女と、気取らない優しい人達。

 

心の片隅の不安というシコリを常に感じてはいるけど、約束や会話の中で少しずつ縮小していく日々である。僕はまだまだ生きていけるだろうか。未来は現在になるだろうか。

 

一先ず、ありがとう。

今日も眠れた。

 

精神性や哲学や思考よりも

今は分かりやすい優しさと感情と

目に見えぬ暖かい色を探してる。求めてる。

僕も何か与えれたら。