島崎清大の「来たる未来。」

島崎清大のブログ。の様なモノ。

にゅういや

 

謹賀新年。

あけましておめでとうございます。

 

バイト終わって、家帰ってきて、

久しぶりに人といない夜なので、

SNSやら先輩や友達のブログ読んでたら、

みんな新年のことばかり書いてたので、

あぁ俺もここでは新年の挨拶をしてなかったなと、

誰が読んでるかもわからんから怖いけれど、こんな場所でも、誠実な俺は、あけましておめでとう、と打ち込むのであるよ。

 

ツイッターもあるし、日記みたいなメモ帳もあるしで、ここに書くものなんてものは、それらに使われなかった言葉の切れっ端や、純文学を読んでるうちに、俺もコイツぐらい超せるんじゃないかと勘違いした果てに残したチンカス駄文ぐらいなもんで、大して大事じゃないことばかりであるのよ。しかしながら、誰の為でもなく一生懸命、書いてはいるのだけれど。押忍。

 

2016年は良い年だった。

例年よりも、理不尽な不幸ばかりで、それに比例して、理不尽な出金ばかりで、ひたすらに金がなかったが、下半期から訪れた、真意に向き合うことができる人、人、人、人、の流れ。

 

嬉しかったんだ、純粋に。こんなに人は僕を見てくれるのか。と嬉しかったんだ。そこで次は、こりゃ裏切れん。でもうまくいかん。だから、頑張ろう。なんて馬鹿でも猿でもわかるようなことだったんだけど、馬鹿なもんで、ようやく気づけたのでした。ありがとうございます。

 

けれど、同時に、とても将来のことを悩んだ。相変わらず答えは出てないんだけど、小さな道筋を立てることができたので、しばらくはそれに乗っ取ろうと思うよ。頼むぜ、2017。

 

2016.12.24、僕はお世話になってた人と別れ、住まわせていただいてた家を去り、

一人暮らしを始めた。新しい家は、昔住んでた、平之町の家をギュッと小さくした感じで、とても狭いのだけど、とても快適で、とても落ち着く。少し寒いのは難点だけど、人との距離も自然と近くなり、なんとなく自然でいられて、凄く居心地のいい空間です。大好きな下荒田で、四畳半。少し寒いことと、まだ電子レンジと布団がないことぐらいで、あとは充分、満たされてます。

 

どんな気持ちでも僕にはあまり嘘がないよ。少し打算的な気もするけれど、嫌いな母親に、昔、言われた、その中でも好きな言葉を大切にして生きているよ。でも、まだよくわからないことばかりだから、主観ばかりでなく、客観的な感じで、人を、言葉を受け容れることができたら、もっと優しくなれる気がするね。らしくない、とは、愛がないよね。

 

青年期はもうすぐ終わる。

大人になれるだろうか、少しでも。

恥ずかしいな、と思うことが減ればいいな。

歌も、たくさん、書こう。できる限り、形に残して、おじさんになったら、全部、歌おう。

正直でいよう。自分にもあなたにも。

弱さは勝手に減ればいいや。

 

今年も宜しくお願い致します。

どうも、とっつきにくいと思うけど、

話してくださいね、色々。

 

明日というか今日は僕等の2016を変えてくれたイベント、BACKSKiDx人性補欠主催のYesFuture!!があるよ。死に物狂いで瞬き惜しんで見終えようぜ。チャンスは一瞬だ。

 

 じゃあ、また!

f:id:s-seidai0509:20170108040502j:image

日常

当たり前のことを当たり前に言うことの意味。もはや、ボケ。火花思い出す。

もう時代に流されなくて良い。部屋の中で淡々と飲む映像にクソが。の歌詞を入れる。

積み上げる罪悪感が全てをそうさせる。

ふざけやがって。音楽は金にしないと続きはない。少なからずでよくて、絶対値を増やすことを見失ったら続きはないんじゃないでしょうか。舐めすぎてる。

何かしないと。じゃあ、お前を何をするの?具体的に何をするの?おい。当たり障りな話で終わるなよ。舐めるな。馴れ合いか?舐め合いか?クソだな。マジでクソ。

2月12日

自分の話ばかりじゃダメだ。愚かすぎる。
人の時間を考えよう。おい、お前、大切にできてんのか?わかったつもりでいるんじゃねぇのか?

ふきのとう 一人の冬から来るな
とんぼちゃん 雨の一日 19の頃

最高の実家 最高の親 最高の子供。
ロックとは程遠いけど、ロックを成長させる。
情けなくても、少し虚しくても、私、少し、喜ぶ。

ここ数ヶ月の濃厚な日々の中、様々な人と出会い、様々な言葉を纏め、様々な感情に陥った。よりガバガバになる感受性の中、今の俺は冷静ではないのかと悩むが、此処で抱いてる思想や論理はきっと本物で、きっと見失うことはない。誰のせいだ。果たして、おかげか。

頑張る他ない。信じた物(者)の為、信じたことを、やりきるしかない。その先、何もなければ割り切るしかない。どんな形であれ、結果はきっと付いて来る。

これから頑張ることを考えてください。
見つかったら、また書いてください。
具体的に存在しないと脳は腐敗して、全ての事象や結果を、見失うことでしょう。

一緒に変わろう。一緒の場所で立ち止まって、一緒のことで悩もう。疲れたら休もう。考えが遅い彼女の隣で考えが早い僕は、彼女の為に、また沢山見つけよう。怖れるな。

綺麗事に惑わされるな。綺麗事に含まれるリスクや虚しさを常に見ておくがいい。満たされるなよ、不安になれよ。それでも負けるなよ。そこに、それで、勝つからいいんだ。お前はバランスが取れるんだ。

2017年 全てに誠意を持って接し、見栄を張らない。

分かっていた話である。でも、望むことや、自分の欲望を堪えきれず、その上、相手の都合や感情に甘んじて、見えている展望を拒むのである。少しの可能性に期待したザマである。少しの可能性もないと分かっていながら、自分の変化で相手も変化するのだろうと思っていた。僕に何が足りないのだろう。なぜ、僕じゃダメなのだろう。憐憫に身を任せるか?

ぼくはともだち。孤独死

罪を背負った人間が本当に必要なものは罰じゃなくて、許される苦しみを知ることなんじゃないか。

何が足りないのかわからない。
けど、今日を悲観する必要はない。
過去に対する不安?現状に対する不安?
何になりたいか?何が大切か?バンドが一番で、バンドに対する覚悟、生活の上にバンドが成り立っていくことへの覚悟。不安が見え隠れするの弱さ。蹴散らさなければ、何も始まらない。それは自分か?お前か?奴らか?

それでも、深く、息を吸い込まざる得ない。

 

全てを肯定され、その後、全てを否定され。

 

全てを否定され、その後、全てを肯定され。

 

それが、音楽だって、結論した。気がした。

 

気がした。だけなのだけど。

 

それでも、僕ら、深く、息を吸い込まざる得ない。

 

 

 

触れることが怖くて、知ることも怖くて、

 

近寄らないことを心に誓いながらも、

 

いつか、俺、愛しき人と、守るべき人の、

 

その二人の性行為を直視しても勃起できるように。

 

それまで、僕、深く、息を吸い込まざる得ない。

 

 

 

この土地に、人に、音に、景色に、

 

飽きられ、呆れられる前に、

 

僕なんかでも生き残ることができる場所を、

 

早いところ、探せるように。

 

寄り添うことが、できるように。

 

そして、僕は、深く、息を吸い込まざる得ない。

 

だから、僕ら、深く、息を吸い込まざる得ない。

 

 

 

深く、息を、吸い込まざる、得ない。

 

 

生きていたい。

 

きせつのかわりめ

 

誰かと付き合ってからの日数を数えるよりも、

誰かと別れてからの日数を数えた方がいい。

だって、付き合ってから今日までの日数なんて、

現在、成るように成ってる結果でしかないし、

別れてからの日数は、未来の俺と現在の俺の、

違いを明白にさせる日数じゃないか。

 

って思ったけど、

お前の懐古主義なんて、要らねーんだよ。

というか、成るように成ってる結果すら愛せない

お前の言葉になんて、誰も感動しねーんだよ。

 

って言われた気がして。

 

気がした、だけなんだけど。

 

君は年下で、僕は年上で。

貴方が年上で、彼女は年下で。

 

それぐらい仕様もない現実しか枕元に用意できないダメなサンタみたいに、やるせない。居る意味ないし、消えないし。消せないし。

 

言葉にできぬ日々が続くだろうけど、

誰かにまた、一言だけでも添えれるように。

頑張るよ。頑張れよ。音楽あるし。

 

ありがとうございました。

カポタストは6フレット。

 

ここ数日での、グイグイと、心の隙間に入り込んでくる、人々と、その表情と、その音楽が、僕の心のリミットを、優に上回ってきてしまい、色々な手を打つ。

 

忘れちゃいけないから、ノートを取り出し、

忘れたいから、酒を煽り、それをメモり、

忘れたくないから、歌ってみて。

 

歌ってみたら、なんとなく、悲しくなくて。

でも、なんとなく、帰りたくなくて、

知人と飲みに行って、アホみたいに饒舌になって、

また恥部を晒すような真似して、でも、人は優しく、それを包み込むように笑う。

 

始発で帰る。あと、1時間、少し。

雨を凌ぐ、少し暖かい場所で、待つ。

 

寝落ちしてて、起きたら、不覚と二日酔いはなし。

でも、変に残る情けなさのせいで、心が、ただただ冷静になってしまい、少し唖然としたあと、急いでヘッドフォンを取り出し、すぐさま、音楽をかける。鳴らしながら、言葉がほしく、素敵な言葉持ち合わす人に、ネタみたいなラインを送る。しかし、やはり、イカツイ言葉が返ってきて、画面見えなくなって、バスがやってきた。

 

そして、乗る。

また、いつも通り、帰る。

いつも通りに感謝できない俺のくせに、

また帰る。

 

言葉にするのも失礼だから、

言葉にせずにいるよ。

アイマスク イズ デンジャラス

 

寝れない夜が続く。

身体的疲労が足りないのだろうか。

 

寝るときは一切の光も許せない達で、

少しでも明るみが差してたら、アイマスクをはめる。しかし、このアイマスク、なかなか危険である。

 

当たり前のように視界は真っ暗になり、

少し強めの力で目をグイッと抑えてるもんで、

なんだか眠りにつくことを強制されてるような気もする。そりゃ眠りたいのだから、この上ないのだけれど。

 

でも、眠れないから付けるわけで、

眠りたい、眠れない、眠らされそうになってる。

みたいな状態となると、視覚以外の感覚が過敏になる。過敏になるというより、より神経質になる。

 

僕は元々、神経質気味なもので、少しの違和感がとても許せなくなる。ズボンの食い込みや、首の位置、何処からかの物音。周りに誰もいなけりゃンーンーと呻いてみたりして、立ち向かったりもする。

 

そんな神経質モオドに疲れて来たら、いよいよ眠りへの助走が始まる。しかし、意識は、やや、はっきりしてるもので、次に来るのは回想である。

 

いま、なんで、アイツとの、アノトキのアレが出てくるんだろう。みたいな、我が人生の中でもなかなかマニアックな、普通に過ごしてたら、もう思い出すこともなかったろう。ぐらいの回想だったりする。しかも、こんな私、当たり前のように大した生き方してきてないので、悲しい思い出ばかり。

罪悪感やらが出てきたらもう終いだ。ザワついて寝れなくなる。振り出しである。その末路が、この纏まりのないブログである。

 

歩んでしまったものや、遺してしまったものは、

大抵、浄化できずに、何処かに放置してくる形になってしまう。それを思い出した時や、再度、見つけてしまったときに、居た堪れない気持ちになってしまう。どうしようかと思う。どうしようもできないなと結論し、その結論に、どうしようかと悩む。夜はそんな負のスパイラルが続く。疲れ果てて眠るまで続く。たまに、朝まで残ってるモノもある。

 

そうなってきたら、いよいよ、本腰入れて悩まなきゃいけない。夜が持つ特有のネガティブパワーじゃなかったのだ。何かで立ち向かわねば。と悩む。

 

ひとつ、行き着いたのが、消すわけでも、解決するわけでもなく、立ち向かう。というか見えなくする。というモノだった。クリエイティブなパワーで一旦、忘れるのだ。

 

何かを想像して創造して生み出す瞬間ってのは

何にも代え難い快感がある。そりゃもう快感。

その時は無敵なんだ、僕ら、きっと。

 

その負の感情すらもドヤ顔で取り入れて、

また新しいモノ産んでやりましたわ。と

したり顔で、財産とする。

 

それを繰り返していく他ない。儚いけども。

 

もっと大きなものになりたいなー僕。

 

寝られないからといって、こんな駄文を残してたら、またいつかの夜に、思い出して、恥ずかしくて、また堪らなくなることでしょう。

 

 

 

おやすみなさい。

スケーターになりたい。

 

何に苛ついてるのか、

何に嫌気が差してるのか、

一切、分からなくなり、

 

別に鬱のような状態になってるわけでもないが、

ここ最近の生活が、スライドショーの如く展開していってる。パッと目を開ければ仕事、ハッと右を向けば食事、そっと振り返れば睡眠。のような。

 

何かしらのアクションを起こして、

感情を躍起して、それらの見返りや、

目に見えたり肌に感じたり匂いを触ったり、

するような実感が得ることのできぬ日々。

 

趣味を謳歌していれば、インプットだらけの毎日になり、なかなかハッピーになるだろうと思っていたけれど、大して、そんなことはなく、俺はこんなものたちに囲まれて、本当に大切なことから目を背けてるんじゃなかろうか。昇華せねばならぬ心の火をを消化するでもなく消火していく毎日なのでは。と漠然と不安になり、やってられねぇ。となった一週間でした。

 

そんな僕は、これは身体が疲れてないのに、心だけが疲れてるから、その隙間に悪が差し込んでるのではと思いまして、今日、仕事終わり帰宅後、すぐさま着替えて、ひたすら、目的もなく、とりあえずランニングを始めました。本当はフラカンを見に行きたかったが、金がない。バンドマンなのに好きな音楽を聴きにいく金がないのだ。ヤケである。そうなればひたすらに身体を疲れさせて全てを忘れたいのだ。徹底したオナニズム。目も当てられない。

 

走りながら、自分のオナニズムが恥ずかしくて堪らなくなってきた。ひとが騒いでるのがムカつく、成功しかけてるのがムカつく、心が弱いから、何も応援できない。なんでだ。誰かイラつかない方法を教えてくれ。知り合いに会って何してるのかと聞かれたらなんて答えよう。ランニングですって言おうにも、素人すぎて靴はクロックスだし、下手したら罵倒される。クソが。どうしよう。と考えてるうちに、当初の悩みは薄れていってることに気付き、自分のオナニズムも、まぁ悪くないものだと思いまして、気付けば、紫原から坂を下り、武町を抜け、中央駅ウォークインスタジオに到着。足パンパン。そこで気付いた。おれの悩みなんて誰の腹の足しにもならん。ただ辛いだけだ。意味がないと。

 

来月のライブのチケットを受け取り、歩きながら、紫原へと帰宅。家に着いても、なんだか憂鬱で、クソもつまらない時間だということでギターを持って公園へ駆け、冬限定発泡酒、冬限定缶チューハイを購入し、疲労に拍車をかけるアルコールに幸せを感じながら、公園でポロポロ。全てをさらけ出し、小男が泣き喚くような曲ができた。

 

なんかもういいんだ。こんなんで。たぶん。

そんなに人生は一転して面白くなるわけもない。

たまに裏切り、たまに裏切られ、たまに抱き寄せ、たまに付け放し、生きるのみ。なんだろう。

 

いい文が書けた気もする。

それでいいんだ。

 

おやすみ